書 籍

新刊情報

月の心理占星学

岡本翔子 著
A5判並製 264頁
定価:2,500円+税
ISBN:978-4-908925-71-9

 

<書籍予約ページへ>
Amazon e-hon 7net honto rakuten

 


『月の占星学』は、つきつめて言うと、〝自分を知る〟ことができ、 〝どう生きればいいのか〟がわかる一冊です。

そもそも月の星座とは、「無意識」や「本能」「気質」をみるものであり、ふだんの生活における、よりよいふるまいや暮らし方を教えてくれる占星術です。また、月によって示される性質は、人がどのように「感情」や「肉体」と関わるかを表したりもします。
つまり、人が人とどう向き合うのか、どのような人間関係を築くのかを月の星座は示し、さらにどうすれば感情が満たされ、
そのうえで安心して暮らすために必要な事やモノ、心が幸せだと感じることをも暗示してくれるのです。

本書ではそんな月の星座を、より深く、細やかに、専門的にひも解きます。たとえば1章では、月が人の心にどのように心理的な作用をもたらすかを。2章では月の星座の基本的な概要を。
3章では具体的に、あなたの月の星座についてを紹介。たとえば子ども時代に培われた無意識の性質や、初対面でどう人と接するか、
母親との関係、人間関係の営み方、一人でいるときは? 安心を得る方法は?
さらにストレスの解消法や、健康法など、こまやかにつまびらかに、説明します。

さらに4章では、太陽星座との角度によって、もたらされる効能を。
5章は具体例を。
6章ではチャーミングな英国王室の面々を、ホロスコープをもとに解説……と、
月の星座を通して、多角的にあらゆる方向から、読み解きます。

わからないから不安になる。そんな毎日を少しでも生きやすくするために。『月の占星学』で自分の月の星座を知り、月の星座が意味するコトをいかして、
より豊かな時間を過ごしてみませんか?

 

 

■ 目次

まえがき
月との出会い
◆ 月が象徴するもの
◆ 「安全」と「生存」を求める基本的な欲求
◆ 月の飢餓感と誤作動
◆ 月の欲求に合った〝栄養〟とは何かを探る

太陽星座と月星座の違い
◆ 太陽星座・月星座
◆ 十二星座/四区分 ︱ エレメント
三区分 ︱ 行動様式
二区分 ︱ 陰陽
◆ 各星座の概要(四区分・三区分・二区分)
◆ 月の星座の調べ方
◆ 母親との出会いとドラマ
First Love 月はまるで初恋のようなもの
火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)・地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)
風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)・水の星座(蟹座、蠍座、魚座)

それぞれの月星座
◆ 牡羊座の月
◆ 牡牛座の月
◆ 双子座の月
◆ 蟹座の月
◆ 獅子座の月
◆ 乙女座の月
◆ 天秤座の月
◆ 蠍座の月
◆ 射手座の月
◆ 山羊座の月
◆ 水瓶座の月
◆ 魚座の月

月に栄養を与える
◆ 自分の中の太陽星座と月星座を自覚し、融合させる
◆ 太陽と月のアスペクト(角度)
コンジャンクション・セミセクスタイル・セクスタイル
スクエア・トライン・クィンカンクス
オポジション
◆ 月に栄養を与え、自分で自分を育て直す

ケーススタディ
◆ ケースステディ ➊ Aさんの場合
◆ ケースステディ ➋ B子さんの場合
◆ ケースステディ ➌ Cさんの場合
◆ ケースステディ ➍ Dさんの場合

英国王室のファミリーダイナミクス
◆ 英国民の心のよりどころ/エリザベス女王
◆ 複雑な内面を抱え、母の面影を追い求めた人生/チャールズ皇太子
◆ 二人の蟹座の間で揺れ動く心「ダイアナ妃とカミラ夫人」
• 世界中から愛された悲劇の王妃/ダイアナ妃
• 沈黙を守り続けた世界最強の〝プロ彼女〟/カミラ夫人
◆ 二人の王子たち 健気な心優しき長男/ウィリアム王子
◆ ロイヤルファミリーを築くミッションに燃える/キャサリン妃
◆ トラウマを抱えるやんちゃな次男/ヘンリー王子
◆ 常に「主役」の座を探し求める/メーガン元妃
参考文献
あとがき

 

 

■ 著者 岡本 翔子(おかもと・しょうこ)
心理占星学研究家。ロンドンにある英国占星学協会で、心理学をベースにした占星術を学ぶ。英国占星学協会会員。女性誌を中心に数多くの星占いを執筆、中でも『CREA』(文藝春秋)では創刊号から続く人気連載となる。また占星術と料理、コスメ、旅などを組み合わせたコラムを雑誌やウェブマガジンに寄稿。占星術を使ったブランディング広告などもてがける。
電子書籍『完全版心理占星学入門』(文藝春秋)、『「月のリズム」で夢をかなえるムーン・マジック』(KKベストセラーズ)、『占星学』リズ・グリーン著(青土社、鏡リュウジ共訳)、『月のリズムで暮らす本』『月の大事典』テレサ・ムーリー著(ヴィレッジブックス、監訳)『ハーブ占星術』エリザベス・ブルーク著(東京堂出版、翻訳・監修)など、著書・訳書多数。月の満ち欠けを記し、月のリズムを生活に生かすヒントが満載のダイアリー『MOONBOOK』(ディスカヴァー)は、2004年から続く静かなロングセラーとなっている。またウェブマガジン『CREAWEB』(文芸春秋)にて『岡本翔子の日めくり MOON CALENDAR』を連載。