40歳をすぎたあなたが結婚をつかむための17か条

40歳をすぎたあなたが
結婚をつかむための17か条


  第二回(2017.04.28)

第1条 美の追求を忘るべからず

 なんだか急に増えてきた白髪。額にはうっすらと横じわ。あなたはきっと、自分の身に起こったその現実に愕然としていることでしょう。真実を認めたくないという気持ちは、真実から目を背けさせます。よってあなたが鏡を見る時間は、以前と比べて格段に減っているはずです。
 しかし! 断言しましょう。その逃げの姿勢こそが、あなたを結婚から遠ざけていることを。
 カウンセリングでは、問題を解決するために、クライアントにまず問題をじっくり見つめてもらいます。そして、問題の中に潜んでいる解決のタネを見つけ、そこから花を咲かせるにはどうしたらいいか、一緒に考えていくのです。
 ですから、今のあなたがしなければならないことは、ありのままの自分から目をそらさず、じっくり眺めること。そして、それをどう「未来のキレイ」に生かすのかを考えるのです。

 私の夫は7歳年下です。彼は私に、「いつもキレイにしていてほしい」と繰り返し言います。そして、こんなことも言います。「俺がかほりを選んだ理由のひとつのは、見た目がおばちゃんっぽくなかったからだよ。実年齢なんて関係ないんだよ」と。
 厳しい現実をつきつけますが、なんだかんだ言って、「女性は見た目」です。婚活において、女性は男性の年収を気にしますが、男性は女性の容姿を気にするのです。
 もちろん最終的に一番大事なのは中身ですが、出会いの時点で印象を決めるのは、見た目です。あなたがどんなに素晴らしい人柄の持ち主であったとしても、いかにも「結婚も恋愛ももうあきらめました」的なルックスだったら、誰もあなたを選んではくれません。神様だってさじを投げますよ。

 私は実年齢よりもかなり若く見られます。夫も、出会ったときには、同年代か少し年下かと思ったそうです。童顔というアドバンテージはあるのですが、それでも、メイクやファッションに関しては、あれこれと研究を重ねてきました。大手化粧品会社のメイクレッスンに行ったり、スタイリストにファッションのアドバイスをもらったりと、それなりにお金もかけました。
そしてわかったのは、「トータルでキレイに見える」ようにすればいいのだということ。顔の造作やしわの本数なんて無問題。「キレイな人」に見せる工夫をするのです。
 その秘訣をひとことで言うなら、個性を生かすこと。自分の持ち味に合った髪型やファッションをする、ということです。“美魔女”のような髪型やファッションが似合う人はそれでいいですが、似合わない人がやったら、時代遅れのケバいおばさんになるだけ。あなたにはあなたに合った髪型やファッションがあるのです。
 それを見つけるために、まずは人の意見を聞きましょう。例えば美容室に行って、美容師さんに「どんな髪型が似合いますか?」と聞いてみます。プロならではの提案をしてくれますから、その通りにしてみるのです。服選びに関しては、はっきりモノを言ってくれる友達に聞くのもいいですし、今はパーソナルスタイリストもたくさんいますから、一度サービスを受けて、どんな服装が自分を輝かせてくれるか診断してもらってもいいかもしれません。
 くれぐれも、女性誌に載っている「モテファッション」はマネしないこと。40歳を過ぎた女性が、ひらひらブリブリのファッションなんかしていたら、イタいだけ。そもそも、女性誌のファッションは女性スタッフが考えたもので、実は男性は、シックでスマートなファッションが好きだったりするのですよ。
 今、ここにあるものをどう生かすか――これこそが、成功の秘訣。いわんや婚活においてをや。

 

第一回へ


 桜野かほり(さくらの・かほり)
1966年生まれ。心理カウンセラー。ビジネスシーンを中心にこれまで8万5千人のメンタルケアを行ってきた。「メンタルヘルスを保つのも男性の胃袋をつかむのも食事(料理)」が信条で、趣味の料理の腕に磨きをかける毎日。実年齢よりも10歳ほど若く見られるのが自慢。