書 籍

方丈社書籍

探究学舎のスゴイ授業

宝槻泰伸 著
A5判 オールカラー 224頁
定価:1,600円+税
ISBN:978-4-908925-25-2


 

探究学舎のスゴイ授業
子どもの好奇心が止まらない!
能力よりも興味を育てる探究メソッドのすべて

ノートはとらない。宿題も暗記も必要ない。好奇心が芽生えれば、それでいい。
東京・三鷹にある学習塾「探求学舎」は、子どもたちに「勉強を教えない」ことで有名な塾である。教えるのは「子どもが自分の好きなもの、打ち込めるものを見つけてあげる」こと。実際、この授業では子どもたちの好奇心が止まらなくなり、次第に熱を帯び、「感動による熱狂教室」と化していく。
白熱する元素かるた、なぜかおぼえてしまうリアル周期表の元素編、学校では習わない算数の秘密のルールをひもとく算数発明編、投資家の稼ぎ方や仕組みを学び、本当に株を買う経済金融編、地球の大きさを測り、分光器で光の謎を解く宇宙編、「君が信長なら、軍をどう動かすか?」。リアル戦国ジオラマで作戦に挑む戦国合戦編、リアルな臓器に触れ、うんこを作って人体の秘密を解き明かす人体医療編など、ユニークすぎる魔法の授業で、子どもたちが熱狂し、好奇心を芽生えさせていく。その様をリアルに再現したのが本書である。

探究学舎サイトへ

「元素編の作品」はこちらから 

探究学舎の「スゴイ授業ライブ」はこちらから

 

 編集者からひとこと

代表の宝槻氏はいいます。「世界は驚きと感動にあふれている。そのことに気がつくための好奇心の種をまくのが僕の仕事です。『なんのために勉強するのか?』という問いに、自分の言葉で答えられる力を育てることが何より重要です。一言で言えば『やる気を育てること』『心に火をつけること』。これこそがすべての原動力で、問題の核心は『どうすれば、わが子のやる気が育つのか?』なのです」。
具体的には「探究学舎」の代表科目「元素編」の授業をライブで再現。数々の実験・元素かるた・分子模型作り・リアル周期表観察、さらにはその知識の背景のストーリーまで教え、そこから子どもたちの質問、反響、意見とさまざまに自分の興味、考えをぶつけ始める様子をリアルに再現します。
アクティブ・ラーニングのヒントが盛りだくさんの「100年後の教室がここにある」本書をお楽しみに。


 ◆著者 宝槻泰伸(ほうつき・やすのぶ)

探究学舎代表 
高校も塾も行かずに京都大学に進学、という特異な経歴を持つ。大学卒業後すぐに起業。映画や漫画、小説、キャンプなどから縦横無尽に学んだ経験を活かし、小学、中学、高校、大学、教育委員会、PTA、職業訓練校、民間企業など、様々な場所で講師としても活躍。幅広い年齢層に対して提供する授業や研修は、世代を問わず聴衆を惹きつける魅力が評判。現在は、探究学習を柱とした教室「探究学舎」の代表を務めながら、出張授業を通して探究学習を全国に届けている。その教育手法は、雑誌・新聞・テレビなど多くのメディアで紹介されている。出演番組『NHKニッポンのジレンマ』。著書に『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話』(徳間書店)、『京大3兄弟ホーツキ家の「掟破りの教育論」とんでもオヤジの「学び革命』(小学館)、『勉強嫌いほどハマる勉強法』(PHP研究所)。5児の父。