書 籍

新刊情報

マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議

カロリーナ・コルホネン著
柳澤はるか訳
四六変型判、上製横長、フルカラー、96頁
定価:1,500円+税
ISBN:978-4-908925-12-2
ブックデザイン:森デザイン室(後藤葉子)http://www.facebook.com/morigraphicdesignroom

 

 
★書店購入特典★
活版印刷オリジナルコースター(数量限定)

◆特典配布リストはこちら ⇒  pdf マッティは今日も憂鬱_特典配布店リスト.pdf (0.59MB)

 

 

マッティは今日も憂鬱 フィンランド人の不思議
共感度100%!フィンランド人マッティの、ちょっとユーウツな日常。
2016年フィンランド国内売上NO.1(コミック部門)のコミックが日本初上陸!
主人公マッティは典型的なフィンランド人。
平穏と静けさとパーソナル・スペースを、とても大事にしています。
でも、そんな彼の生活は、いつでもちょっぴり「憂鬱」。
マッティが遭遇する憂鬱な場面に共感していただけたら…あなたの中にも「小さなマッティ」がいるのかもしれません。

 


 「試し読み版」をご覧の方は、画像をクリック  

matti0.jpg

 

◆編集者から、ひとこと

主人公マッティは、人ごみ・親しくされること・自己アピール・雑談・スピーチ…が何より苦手。控えめで愛らしいキャラクターは、日本人にとっても「そのシーンわかるわかる。ツラいよね」と共感すること請け合いです。そんなマッティは、本当の幸せを教えてくれます。無理に他人にあわせなくても、ひとりの時間を大切にすればいい。静かにゆったり暮らせばいい、と。
そうそう。それから、やはりマッティも、サウナと毎朝のコーヒーだけは欠かせません。

 

◆著者 カロリーナ・コルホネン(Karoliina Korhonen)

日フィンランドのデジタルデザイナー。 夫と二匹の猫と暮らす。
趣味はコンピュータゲームと空想。毎朝、コーヒーは必須(できれば2杯)。

◆訳者 柳澤はるか(やなぎさわ はるか)

1985年生まれ、東京大学文学部卒。文化、コミュニケーション、ジェンダー、教育、働き方などを題材に日本と北欧、双方について執筆。フィンランドの森とキノコが好き。