愉快、痛快! スカッとする落語のことば(その一)

愉快、痛快!

スカッとする落語のことば(その一)


 その一(2017.01.30) 

 

全体(ぜんてえ)ここの家が癪に障るってんだ。高慢な面ァしやがって、猫なんぞ飼やァがったって魚ァ買ってあてがったことがねえから、猫が近所じゅう行って泥棒する。大方お昼のおかずなんざァ、猫が稼いでくるんだろう。こんな物騒な猫が隣近所にいられた日にゃァ、長屋じゅう枕を高く飯を食うこたァできねえッ。
       (八代目林家正蔵「二十四孝」より、八五郎と隣家の猫)

 

 

 落語の登場人物は多種多彩だ。
「え~、八っつぁん熊さんにご隠居さん、人のいいのが甚兵衛さん、バカで与太郎・・・」
噺家の真似をしながらおなじみの名前を並べてると、与太郎の次あたりから、「人物」ばかりではなくなってくる。人を化かすのが狐と狸。子丑寅卯辰己午未申酉犬亥、十二支の動物たちも何かしら役を与えられているのだ。
 訳あって(?)十二支には入っていないが、落語の中での猫の存在感は半端ではない。
「猫の災難」「猫久」「猫忠」「猫定」「猫怪談」に「猫と金魚」。思いつくまま「猫」がつく演目を挙げてみれば、おおっ、けっこうな名作ばかりではないか。
 ただ、これほど重宝に使われていながら、われらが猫の役柄は、よそ様に自慢できるようなものが少ない。
 落語の猫はたいてい主人公の「隣の家」に飼われていて、旦那が丹精込めた金魚を狙ったり(「猫と金魚」)するので、「泥棒猫」というありがたくない通り名をいただいている。
 逆に、何も悪いことをしていないのにひどい目にあうこともある。「猫の災難」では、隣家の八五郎から「大事な鯛を盗んだうえ、一升瓶を蹴倒して逃げた」と濡れ衣を着せられるし、「金の大黒」や「船徳」では、腹減らしの町内の若い衆に食われてしまう(!)こともあるのだ。
 寄席の定番である滑稽噺「二十四孝」は、長屋の乱暴者・八五郎と、隣の猫とのバトルで幕を開ける。活きのいい鯵を十三尾も手に入れた八五郎が「あいつを塩焼きにしていっぱい飲もう」と、勇躍、湯から帰って来てくると、事件が起きていた。十三尾の鯵が影も形もないのだ。家にいた母親や女房に聞いても「知らないよ」とつれない返事。
「向こうの屋根をひょいと見るとね、悪いことはできねえもんだな、隣の女所帯の泥棒猫、あれがお前さん、大あぐらをひっかいて、もそもそ食らってやがん・・」「猫が胡坐をかくかい?」「そう見えちゃった、あっしの目には。豆ッ絞りの手ぬぐいを肩にのっけて」「噓をつけ!」
 話を聞かされた家主はあきれ顔だが、八五郎は怒り心頭である。「とんでもねえ猫だってんだ。魚ァ食やがった猫だから、猫を食っちまおう」と飛びかかったが、屋根までは届かない。いったん家に戻って出刃包丁を逆手に握ってまた飛び出した。
「さあ、この泥棒猫、尋常にこれへ降りて勝負しろッ」「そんなこと言って猫にわかるか」「ニャンとも言わねえ」
 八五郎が出鼻膨張を物干し竿の先に結わえつけて振り回すと、猫は驚いて隣の家へ逃げ込んだ。そこで、八五郎が隣家に向かって大音声で叫ぶのである。
「こんな物騒な猫が隣近所にいられた日にゃァ、長屋じゅう枕を高く飯を食うこたァできねえッ!」
 何だかわからないが、いいがかりのような啖呵だが、楽しみにしていた「鰯で一杯」を台無しにされた八五郎の怒りと落胆だけが実にストレートに伝わってくる。鰯、そんなに食べたかったのか。
 八五郎の勢いに驚いて隣家からは何の反応もなし。逆に、八五郎の母親とカミサンが慌てふためいた。
「お隣には普段からいろいろご厄介になっているに、猫が魚をくわえだしたぐらいのこッて・・」
 八五郎にだって近所づきあいの難しさは理解できるが、「因果と人間のカミサンに生まれて来ながら何も隣の猫の肩ァ持つ」のが気に入らない。
「十三の鯵を猫がどうして持っていくてんだ。まさかァ笊や味噌漉しを持ってきて、そん中ィさらいこんで、ぶる下げてく気遣いはねえ。口でくわえりゃ十三度(たび)、一人の猫が流しを出たり入ったりしてェるのを人間が二匹も居やァがって」
 猫と人間の数え方が逆になるほど憤慨した八五郎は、あろうことか、母親とカミサンにまで鉄拳を振るってしまう。そのため、八五郎は家主から厳しく戒められ、もろこし(中国)の賢人の逸話「二十四孝」を引き合いに出しての説教を受けることになる。
「二十四孝」という噺は、これからが本題なのだが、八五郎のタンカがあまりに印象的なので、家主の説教でこの乱暴者が改心するとは思えない。ところが、噺の先を聞いてくと、八五郎は説教された後、母親に鯉やタケノコを食わせようとするなど「二十四孝」の逸話をなぞって、母親相手に孝行の真似事を始めるのである。もちろん、本気で改心したのではなく、賢人たちの孝心に感じるところがあったのではなく、「親孝行をするとお上から褒美が出るらしい」という高利的な理由が一番の動機らしい。
 今日孝行の真似事をしても、明日になれば「この提灯婆(横にしわが寄っているから「提灯婆」。縦にしわだと「からかさ婆」だ)!」と母親に悪態をついて、家主に叱られるのだろう。
「毎日毎日、何をやってるのかニャ」
 再び八五郎家の台所を狙いながら、隣の猫があきれ顔をしているのが目に見えるようだ。

 

「その二」へ


長井好弘(ながい・よしひろ)
1955年、東京・深川新大橋生まれ。落語、講談、浪曲などの大衆演芸を核に、伝統芸能、大衆文芸、旅、グルメなどを加えた大人のためのエンターテインメントに関する著作活動を展開する。モットーは「面白くてためにならない」。鰻重(丼)と揚げ物全般が好物で、トマトとブロッコリーと高いもの(標高、値段とも)が苦手。読売新聞東京本社企画委員。日本芸術文化振興会プログラムオフィサー(伝統芸能・大衆演芸担当)。都民寄席実行委員長、浅草芸能大賞専門審査委員。「よみうり時事川柳」五代目選者。『僕らは寄席で「お言葉」を見つけた』(東京かわら版新書)、『落語と川柳』(白水社)など、演芸関連の著書多数。