デカメロン2020(Decameron2020)_21

デカメロン2020(Decameron2020)

「デカメロン2020」©(Decameron2020)©

緊急非常事態宣言が発動されたイタリアを、
イタリアの若者が語る、描く、見つめる、歌う

 新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、非常事態宣言が発動されたイタリア。ヴェネツィア、ミラノ、ボローニャ、ローマ、モンテレッジォ、シチリア島などで暮らす17歳から29歳の若者たちが、ささやかだけど私たちにも届く声をつむぎ始めました。彼らが、耳をすませ、見て、感じて、触れた、いまのイタリアの姿を届けます。
 これから始める「デカメロン2020」は、1348年のペストの蔓延からフィレンツェ郊外に逃れた若い男女10人が10日間語りつくす古典『デカメロン』の「リアル・イタリア版」です。


Decameron2020 Index

最新情報

イタリア公告

コラム

これまでの掲載記事


非日常になってしまった普通の生活

©MiBACT#IORESTOACASA


 この画像は、2020年3月9日に政府が発令した全国封鎖、非常事態宣言に追随して、イタリアの文化財・文化活動省が発信したツイートです。
説明は一字もありません。
 これだけ。
 <#私は家に居る>というタグが付いて、広まりました。
 現状を軽く考えずに外出を避けて家にいよう、と呼びかけたのです。

 しのごの言わずに、発令。
 中世にヴェネツィア共和国のペスト対策で発案された、隔離対策と疫病/感染学をそのまま踏襲するかのように、断固と実践しています。

「生きていたら、経済のどん底からも必ず立ち直れる。物事の重要さの順位、本末転倒にしてはならないことを肝に命じ、弱い人を守り、他人への責任を果たしましょう」

 イタリア政府の封鎖通達を受けて、こうした呼びかけを文化財・文化活動省が出す。事態が由々しいのはウイルスの蔓延もさることながら、人々の心の危機にある、としたからではないかと感じました。
 同省は対応が可能なすべての美術館と連携し、所蔵作品をサイトにアップして無料で鑑賞できるようにし、
「皆さんが外出できなくなったのなら、文化のほうから皆さんを訪ねていきます」
 という公告も出しています。

 交通機関の多くが運休となり、徒歩での外出にすら自己申請の認証書の提示が必要となった現在のイタリアの日常を、各地の若者の五感を通してリアルタイムでお伝えしてみようと思います。

内田洋子
2020年3月16日




2020年3月8日イタリア。非常事態宣言発動。
新型コロナウイルス感染拡大防止のために首相令が発令された。3月10日朝から4月3日までイタリア全土で、移動制限や学校の一時閉鎖、飲食店の夜間営業停止等の措置が決定。
刻々と深刻化していく状況を受けてさらに、3月12日からは生活必需品の販売店,薬局、ドラッグストアを除く全ての商業及び小売り販売活動の休止を発表(期限は3月25日)。
具体的には(以下、在ミラノ日本国総領事館による、2020年3月11日イタリア首相令DPCMの抄訳 https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/20200311_dpcm.pdf):

食料品、生活必需品の販売店や薬局及びスーパーマーケットを除く、全ての商業及び小売り販売活動の休止を規定する。つまり、スーパーマーケットに食料品を買いに走る必要はない。
しかし店舗、喫茶店、パブ、レストランは、宅配サービスできる可能性を残して休業する。

対人距離1メートルの確保ができない理美容院、美容エステ店、食堂サービスは休業する。
生産業及び専門性の高い業務は可能な限りテレワークで活動を続け、従業員には休暇の取得を推奨する。

企業内の生産部門に必須でない部門は活動中止する。感染を避けるため,自社の従業員に安全ルールを守らせることができるのであれば、生産活動は継続することができる。製造会社では現状を乗り越えるための措置として、シフトの調整、休暇の前倒し、不必要な部門の閉鎖を採ることが推奨される。

公共交通機関、公益に資するサービス、銀行・郵便・金融・保険サービス、その他活動を続ける分野が正しく機能するために必要な、生活に不可欠な公共サービスは保証されている。
保健衛生の規則を守る限り、農業・畜産業・農産品加工業、及びこれらの業者に物品・サービスを提供する流通業の継続も保証されている。基本となる規則は変わらない。

我々の移動は、仕事上、健康上あるいは買い物といった必要な理由に制限しなければならない。期限は3月25日。
注:2020年4月10日時点で、<非常事態宣言首相令の有効期限は暫定的に5月3日>と延長されている。


2020年4月12日復活祭の日曜日、ミラノ市とドゥオーモ大聖堂の招聘により、大聖堂にて無観客のソロ・コンサートを開催し世界に向けて生中継された。

歌: アンドレア・ボチェッリ 『MUSIC FOR HOPE』
オルガン伴奏(ミラノ ドゥオーモ専属):  エマヌエーレ・ヴィアネッリ

演奏曲目:
1. 天使のパン(フランク)
2. アヴェ・マリア(J.S.バッハ/グノー)
3. 聖なるマリアよ(マスカーニ/メルクリオ編)
4. 主なる神~《小ミサ・ソレムニス》より(ロッシーニ)
5. アメイジング・グレイス(伝承曲)


Decameron2020-21(4.17 18:00更新)

2020/4/14
ローマ Roma (ラツィオ州 Lazio)

サーラ・パリアルーロ
Sara Pagliarulo

今日は、雨。ローマの空が、私の気持ちを映している。
いつもと違う数日だった。家で過ごす復活祭の昼食。ビデオチャットで親戚たちとつながり、画面越しに卵型のチョコレートを割る。生まれてから20年、初めてソファで過ごした復活祭翌日。
沈んだ気持ちをチョコレートに埋もれて癒した。
でも今朝、インターネットで見つけた動画にとても和んだ。ヴェローナ(注:北イタリア)に住む3姉妹が立ち上げた<poivorrei.it(そして、私が欲しいのは)>というサイトだ。HPには、 <この<そして、私が欲しいのは>には、これまで気にかけることのなかったことで、今、ないのがさみしいことについて考える場所です。これまでたいした意味もないと思っていたことが、実はとても大切なことだったと今、気づく。<そして、私が欲しいのは>は明日が来るのを待ちながら、今日、自分に問いかけてみる場所です>
とある。
アクセスした人が、それぞれの<そして、私がほしいのは>を書き込む。この状況を抜けたとき、自分がしたいことを1文にまとめる。氏名と年齢も記入するようになっている。
他の人たちの投稿を読みながら、少し泣きそうになる。
私も、祖父母の家で昼食をいっしょに食べたい。
私も、大学の自動販売機でコーヒーを飲みたい。
私も、遅刻したい。
でも今一番望むことは、この状況が早く終わることだ。
いっぽう、私が欲しくないことは何だろう?
簿記の授業だ。もう勉強はうんざりだ。

  ©2020 by Caricasole

2020/4/14 カリアリ Cagliari (サルデーニァ島 Sardegna)

アニェーゼ・セッティ
Agnese Setti

ラテン・アメリカ。
外出禁止になってからずっと、この2語が頭の中に響いている。
南米に行きたい、と思い始めて何年にもなる。ティーンエイジャーの頃から、この遠い見知らぬ大陸に強く惹かれている。
エラスムスの滞在先セヴィリアで得た、一番の宝物はラテンアメリカの2人と友達になったことだ。2人とも歴史学を専攻している。非常に優秀だ。母国の政治経済や世の中の問題にも強い関心を持っている。彼女たちのおかげで、南米の現状を味見することできた。スペイン語の表現を学び、何リットルもアルゼンチンやウルグアイ、パラグアイで愛飲されるハーブティー、マテ茶を飲んだ。カボチャか木でできた器に入れて飲む。
エラスムスでいっしょだった北イタリア、ヴェネト州の男子学生と私は、このとてもおいしい飲み物をイタリアに帰っても楽しむために、道具一式をそろえた。
とてもシンプルな毎日の習慣なのに、熱いお湯を器に注ぎ優しい香りが立ちのぼると、これほどの距離があるのに皆の気持ちがひとつになる。毎日、マテ茶を飲む。毎日、写真を1枚送り合う。いっしょにマテ茶を飲んで過ごしたあのときのように。
空想で、憧れの長い旅に出る。大学を卒業したら、リュックを背負って旅に出たい。音楽と騒音にあふれるキューバの夢を見る。息を呑む壮大なアルゼンチンの景色を夢に見る。色鮮やかな布をまとうペルーの老女を夢見る。マチュピチュの山道を夢見る。サンタ・フェとモンテヴィデオへ友達に会いにいき、町や家族と会う夢を見る。まだ見る前からすでに、長年の知己と感じている。寝る時間も惜しんで、どこまでも歩いて旅する夢を見る。疲れて足が棒になる夢を見る。飛行機に電車、安くてオンボロのバスに何時間も揺られて旅する夢を見る。
もちろん、誰といっしょにこの旅に出るのかも夢に見る。でも、それはまた別の夢なのだけれども。


2020/4/14 ミラノ Milano
(ロンバルディア Lombardia)

ミケーレ・ロッシ・カイロ
Michele Rossi Cairo


ウイルスに教えられるように、僕たちの生活様式や思考は劇的に変わってきている。今日、専門学校で教えているソフィアと話したのだが、教職に就いて2年目でこの状況となった。授業はすべてオンラインへと移行している。身体の不自由な生徒がいて、養護専門の教師と会えないことが喪失感となっている、という。ソフィアが教えている生徒たちの大半は、経済的な事情を抱える家庭の子供たちだ。家から遠隔で授業を受けるために、コンピューターなどを買えない。だからスマホで受講するのだが、授業の最初の方で利用できる容量を超えてしまい残りに参加できない。あるいは、インターネットで検索したり作業をするためのアプリが使えない。結果、子供たちは基本的な権利である学校教育と、次第に接点を失い始めている。平常時でも多忙だった教師たちは、家からの授業のための準備も増えて大わらわである。黒板と教科書を使って説明できていたことが、今ではパワーポイントを使ってスライドを作り、生徒たちが家からでも授業についてこれるようにしなければならない。多くの生徒たちが授業内容を理解できないようになり、宿題も提出しなくなっている。今年度の内容をよく学ばないまま、進むことになる。落第や追試験の子が増えるだろう。まるで重要ではないかのように、世間ではこの問題がほとんど取り上げられていない。現在の、あるいはこれまでの当たり前を基準と考えて、未来の設計を立てるようなことがあってはならない。ソフィアの生徒たちだけの話ではなく、その他大勢の生徒も同様の状況にいる。彼らはイタリアの未来なのだ。今ここで生徒たちの面倒をきちんとみないのは、遺憾なことではなく、まったく愚かなことだ。


2020/4/15 デルフト(Delft,オランダ)

クラウディア・ダモンティ
Claudia Damonti


下宿仲間と買い物に行ってきます!






2020/4/15
アルビアーテ Albiate
(ロンバルディア州 Lombardia)

ダヴィデ・ボルゴノーヴォ
Davide Borgonovo

『毒されたジャングルの下で(Below The Toxic Jungle)』 は、僕が卒業試験コンサートのために作った未発表の楽曲だ。
宮崎駿さんのアニメ作品『風の谷のナウシカ』への、僕からのオマージュでもある。人と自然との関係を描いた名作だ。

ここに貼る一節は、ルトガー・ハウアー(Rutger Hauer)が映画『ブレード・ランナー』(リドリー・スコット Ridley Scott 監督)
の中で演じた『タンホイザーの扉』というシーンが基になっている。あえて公にされていない現代社会の深刻な問題を暴いていくアンドロイドのモノローグ・シーンだ。

この楽曲は、SFの物語を介して見えてくる現代社会について、受けたインスピレーションのもとに創作した7作品で構成されている。
大勢を破壊する武器のせいで、地球は見知らぬ病に冒されてしまう。そして毒を持つ胞子と変容し、際限なく拡散していく。毒されたジャングルとなって拡大している。そこでは、恐ろしい化け物が跋扈する。憎しみ、怒り、死が支配する世界だ。
人間たちはこの疫病を炎と武器で鎮めようとするが、太刀打ちできない。ただ犠牲者が増えていくばかりだ。
人間たちは、地球が自らの均衡を保つために自浄しているからだ、と認めようとしない(地球を不均衡にするのは、まさに人間たちだ)。
毒されたジャングルにも、新しい生命の種がみつかる。

地球の奥深くには澄み切った水と空気の流れるところがあり、そこではすべての生物が健康で、平穏に暮らしている。
丁寧な心で、敬意を表し、愛情を込め、他の人への思いやりを持てば、自然と共存していく暮らしと生命の種を手にすることができる。それに気づく人は、残念ながら少ないのだが。

”Below The Toxic Jungle”
© Davide Borgonovo 2019 
以下、あらゆる形態での無断転用を禁ず。

パーカッション演奏:Davide Borgonovo 2019

(第7番:45秒)


(フルバージョン:8分33秒)

ダヴィデ・ボルゴノーヴォ (27)
Davide Borgonovo


北イタリア、ロンバルディア州モンツァ ブリアンツァ県(Monza e Brianza)、ジュッサーノ(Giussano)生まれ。そこからごく近くにあるアルビアーテ(Albiate)在住。
ミラノ音楽学院ジャズ科卒業目前(3月の卒業試験コンサートの前日に、非常事態宣言が発動され、全土封鎖になってしまった!)。
パーカッショニスト。作曲とピアノ演奏も。僕にとって音楽は、人生のすべて。未踏の地を求めて旅するのが音楽、と思って生きている。東洋の思想と養生法、自然との共存のしかたに関心を持つ。


2020/4/15
トリノ Torino
(ピエモンテ Piemonte)

アレッシア・トロンビン
Alessia Trombin


冴えない1日の始まりだった。 昨晩、携帯電話も自宅待機をすることに決めたらしい。あちこち、あれこれ、あらゆる<秘伝>で試してみたが、テクノロジーに降参した。やむなくサービスセンターに電話をした。<イタリアからクラウディアがお返事します>と、若い女性の声で応答があった。けっこうアクセントが強い。中央北部イタリアのどこかだと思うが、正確にはどのあたりなのかまでは聞き分けられない。とても丁寧に、でも専門家として的確に何をしたらよいのか助言してくれた。聞きながら、どんな女性だろうかと想像する。ショートヘアだが、前髪にはかなりボリュームと長さがあるヘアスタイルのはずだ。受話器に髪の毛がバサバサとあたる音が聞こえた。電話しながら、変な感じがした。顔を見ないで電話で話すのは久しぶりだったからだ。
携帯電話を宅配でピックアップしてもらうための手続き説明が始まったので、私の妄想もそこでおしまい。明日には携帯電話を回収にきて、サービスセンターに届けられ、修理のあと1週間ほどで再び私の手元に戻ってくるという。そうだといいけれど。お互いに、<よい1日を!>と言いながら、電話を終えた。
クラウディア、グラッツィエ(ありがとう)! あなたが懇切丁寧に対応してくれたおかげで、冴えないはずだった1日がすばらしい日に変わったのだから。


2020/4/15
トレカスターニ(Trecastagni) シチリア島(Sicilia)

キアラ・ランツァ
Chiara Lanza


「第2段階に入ります。安全な再出発になるでしょうか?」
テレビが言う。テレビ局のスタジオは空っぽだ。女性司会者の両側には大きなテレビ画面がセットされていて、それぞれの画面から意見を聞き出し、討論を進行している。
このところ<第2段階>について、話題に上るようになってきた。イタリアの経済、その他の再起についてである。
長引けば長引くほど、COVID禍のもたらす被害は深刻さを増し、甚大になっていく。
それで、普通に戻る予行訓練のような、シミュレーションを想定するようなことが始まった。例えば、書店と文房具店の営業が再開した。適用されない自治体もあるが、再開に向けて慎重に準備をしている。どのような営業方法を取ったらよいのか、念入りな検討が必要だ。現状ではバラ色の将来を望むのは尚早であり、営業を再開できるとは誰も予測しておらず、不意を突かれた形だ。
終わりの見えない待機状況に押し潰されそうな日があると思えば、また、軽く早く時間が過ぎて外出禁止になってから40日も経つことをつい、忘れてしまいそうになる日もある。
今日は、1秒が100秒に感じられて、悲惨で泣きたくなる日だ。突然、天候が変わって、春がどこかに行ってしまった。代わりに秋がいる。寒くて、風の日。
町の上は灰色の重苦しい雲におおわれている。遠くに見える海の上には、寒い季節に特有の白い空が広がっている。曇天ではなく、どこまでもただ白く、太陽のない空だ。


2020/4/15 バーリ Bari
(プーリア Puglia)

ソーダ・マレム・ロ
Soda Marem Lo

兄はロンドンに住んでいる。4月3日に里帰りする航空券を買っていた。1月のことだ。もう昨年の9月からイタリアに戻っていない。もちろん、この事態でバーリには帰ってこれなかった。でも、外出禁止になってからは毎日、連絡を取り合っている。コンピューター・ゲーム<アニマル・クロッシング(どうぶつの森シリーズ)>をいっしょに楽しんでいる。長電話して、こちらの島からあちらの島へと渡って会い、家の手入れをしたり他の用事を見つけてはせっせと取り組んでいる。私のヴァーチャルな暮らしには、現在のこのリアル生活よりもずっと不測の事態でいっぱいだ。リアル生活では、少なくとも家族といっしょにいる。こんなこと、書くのも考えるのもおかしなことなのだけれど。
長電話しても、互いの様子伺いはほんの数秒の、<どう?><元気>だけ。すぐにまた、私たちのヴァーチャルな人生に没頭する。
ときどき母や叔父がそばを通り、兄に挨拶し、暮らしぶりはどうかとか、自分たちの毎日を話したりする。ヴァーチャル人生の合間にはさまれるリアルな話は、とても変な感じだ。
オマールとゲームをしたり、邪魔にならないか気にせずに電話をかけたりすることは、将来、この外出禁止のことを考えるとき、きっととても懐かしく思い出すだろう。幼い頃から、兄と遊びたくてならなかった。でもずっと年上だったし、何をしても上手で優秀だった。私はソファに座ってそんな兄に感心し、見とれていた。兄に食べ物や飲み物を持っていき、ときどきおずおずと自分ともいっしょに遊んでくれないか、と尋ねてみた。一度も、でも、願いが叶ったことはなかった。


プロフィール
内田洋子 Yoko Uchida

1959年神戸市生まれ。
東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。
2011年『ジーノの家イタリア10景』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
著書に『ミラノの太陽、シチリアの月』(小学館文庫)、『イタリアの引き出し』(CCCメディアハウス)、 『カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想』(集英社文庫)、『皿の中に、イタリア』(講談社文庫)、 『どうしようもないのに、好き イタリア15の恋愛物語』(集英社文庫)、『イタリアのしっぽ』(集英社文庫)、 『イタリアからイタリアへ』(朝日文庫)、『ロベルトからの手紙』(文春文庫)、 『ボローニャの吐息』(小学館文庫)、『十二章のイタリア』(東京創元社)、『対岸のヴェネツィア』(集英社)、 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』『もうひとつのモンテレッジォの物語』(方丈社)、『サルデーニャの蜜蜂』(小学館から5月刊行予定)。
翻訳書に 『パパの電話を待ちながら』(ジャンニ・ロダーリ著、講談社文庫)などがある。