デカメロン2020(Decameron2020)_20

デカメロン2020(Decameron2020)

「デカメロン2020」©(Decameron2020)©

緊急非常事態宣言が発動されたイタリアを、
イタリアの若者が語る、描く、見つめる、歌う

 新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、非常事態宣言が発動されたイタリア。ヴェネツィア、ミラノ、ボローニャ、ローマ、モンテレッジォ、シチリア島などで暮らす17歳から29歳の若者たちが、ささやかだけど私たちにも届く声をつむぎ始めました。彼らが、耳をすませ、見て、感じて、触れた、いまのイタリアの姿を届けます。
 これから始める「デカメロン2020」は、1348年のペストの蔓延からフィレンツェ郊外に逃れた若い男女10人が10日間語りつくす古典『デカメロン』の「リアル・イタリア版」です。


Decameron2020 Index

最新情報

イタリア公告

コラム

これまでの掲載記事


非日常になってしまった普通の生活

©MiBACT#IORESTOACASA


 この画像は、2020年3月9日に政府が発令した全国封鎖、非常事態宣言に追随して、イタリアの文化財・文化活動省が発信したツイートです。
説明は一字もありません。
 これだけ。
 <#私は家に居る>というタグが付いて、広まりました。
 現状を軽く考えずに外出を避けて家にいよう、と呼びかけたのです。

 しのごの言わずに、発令。
 中世にヴェネツィア共和国のペスト対策で発案された、隔離対策と疫病/感染学をそのまま踏襲するかのように、断固と実践しています。

「生きていたら、経済のどん底からも必ず立ち直れる。物事の重要さの順位、本末転倒にしてはならないことを肝に命じ、弱い人を守り、他人への責任を果たしましょう」

 イタリア政府の封鎖通達を受けて、こうした呼びかけを文化財・文化活動省が出す。事態が由々しいのはウイルスの蔓延もさることながら、人々の心の危機にある、としたからではないかと感じました。
 同省は対応が可能なすべての美術館と連携し、所蔵作品をサイトにアップして無料で鑑賞できるようにし、
「皆さんが外出できなくなったのなら、文化のほうから皆さんを訪ねていきます」
 という公告も出しています。

 交通機関の多くが運休となり、徒歩での外出にすら自己申請の認証書の提示が必要となった現在のイタリアの日常を、各地の若者の五感を通してリアルタイムでお伝えしてみようと思います。

内田洋子
2020年3月16日




2020年3月8日イタリア。非常事態宣言発動。
新型コロナウイルス感染拡大防止のために首相令が発令された。3月10日朝から4月3日までイタリア全土で、移動制限や学校の一時閉鎖、飲食店の夜間営業停止等の措置が決定。
刻々と深刻化していく状況を受けてさらに、3月12日からは生活必需品の販売店,薬局、ドラッグストアを除く全ての商業及び小売り販売活動の休止を発表(期限は3月25日)。
具体的には(以下、在ミラノ日本国総領事館による、2020年3月11日イタリア首相令DPCMの抄訳 https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/20200311_dpcm.pdf):

食料品、生活必需品の販売店や薬局及びスーパーマーケットを除く、全ての商業及び小売り販売活動の休止を規定する。つまり、スーパーマーケットに食料品を買いに走る必要はない。
しかし店舗、喫茶店、パブ、レストランは、宅配サービスできる可能性を残して休業する。

対人距離1メートルの確保ができない理美容院、美容エステ店、食堂サービスは休業する。
生産業及び専門性の高い業務は可能な限りテレワークで活動を続け、従業員には休暇の取得を推奨する。

企業内の生産部門に必須でない部門は活動中止する。感染を避けるため,自社の従業員に安全ルールを守らせることができるのであれば、生産活動は継続することができる。製造会社では現状を乗り越えるための措置として、シフトの調整、休暇の前倒し、不必要な部門の閉鎖を採ることが推奨される。

公共交通機関、公益に資するサービス、銀行・郵便・金融・保険サービス、その他活動を続ける分野が正しく機能するために必要な、生活に不可欠な公共サービスは保証されている。
保健衛生の規則を守る限り、農業・畜産業・農産品加工業、及びこれらの業者に物品・サービスを提供する流通業の継続も保証されている。基本となる規則は変わらない。

我々の移動は、仕事上、健康上あるいは買い物といった必要な理由に制限しなければならない。期限は3月25日。
注:2020年4月10日時点で、<非常事態宣言首相令の有効期限は暫定的に5月3日>と延長されている。


2020年4月12日復活祭の日曜日、ミラノ市とドゥオーモ大聖堂の招聘により、大聖堂にて無観客のソロ・コンサートを開催し世界に向けて生中継された。

歌: アンドレア・ボチェッリ 『MUSIC FOR HOPE』
オルガン伴奏(ミラノ ドゥオーモ専属):  エマヌエーレ・ヴィアネッリ

演奏曲目:
1. 天使のパン(フランク)
2. アヴェ・マリア(J.S.バッハ/グノー)
3. 聖なるマリアよ(マスカーニ/メルクリオ編)
4. 主なる神~《小ミサ・ソレムニス》より(ロッシーニ)
5. アメイジング・グレイス(伝承曲)


Decameron2020-20(4.15 12:30更新)

2020/4/12
ヴェネツィア Venezia(Veneto)

ジュリ・G・ピズ
Julie G.Pisu

カモメの帰還。

甲高い音で目が覚めた。耳障りな音は鳴り止まない。何だろう。寝ぼけた頭で考える。今日は日曜日だ。講義はないので、早起きしなくてもいい。間違えて目覚まし時計をかけたのか?
  音は外らしい。レオンも目を覚まし、煩わしそうに頭を持ち上げている。
9時半。空気の入れ替えに窓を開ける。けたたましい音に遠くから順々に波が寄せてくるように、ヴェネツィアじゅうの教会の鐘が高らかに鳴り始める。それで、今日が普通の日曜日でないことを思い出した。復活祭! 外出禁止のもとでの、祝日だ。
イタリアじゅうの各家庭の台所を想像する。立ち上る湯気。美味しそうな匂い。おばあさんたちが腕をふるって、オーブンから熱々の料理を出す。待ちきれない家族。
今日、家族そろって過ごせるのは幸運だ。
私は、いつもと同じ日課の通り。特にこの伝統行事を祝ったことはない。ヴァレンティーナとサーシャは、ギリシャ正教歴なので、来週が2人にとっての復活祭だ。
レオンを連れて外に出る。ロックダウンの解除を祝えると思っていたが、だいぶん先へと延長されてしまった。悲しくがっかりして、岸壁に出る。
人っ子ひとりいない。首相令の延期に落ち込んでいるのか、昼食の準備だろうか?
レオンはノロノロ歩いている。毎日きまった繰り返しが好きだが、来る日も来る日も同じコースでは、犬も単調さにうんざりするだろう。水上バスの停留所まで行き、家へと引き返す。私とレオンは、それぞれの考えごとにふけりながら歩く。
気づいたら、うちの玄関前だった。散歩の終わりに、浮かない顔を見合わせる。
そのときだった。またあの音がした。レオンはしっぽをピンと立てて、あたりを見回している。けたたましい音は、ベンチの下からだ。カモメが2羽いる。真っ白の胴体に黄色のくちばしで、刺すような目で私たちを見ている。少しもひるまない。
<オレたちはヴェネツィアの住人だ。ここから出ていくものか。腹が減ってる。何とかしろ>
私をにらみつけながら、そう言っているかのようだ。
ああ、戻ってきたのか!
低く旋回しながら突然に急降下し、人の手から食べ物を奪い去っていくカモメが、帰ってきたのだ!
オリーブの枝をくわえてやってくるハトと同じ、白い鳥。
凪に漂う船乗りに風を知らせるアホウドリと同じ、白い鳥。
海にも、復活祭。


2020/4/12
インペリア  Imperia(Liguria)

マルティーナ・ライネーリ
Martina Raineri


今日は復活祭。忘れたりしない大切な日だ。親族や友達、大切な人たちから離れている。今年は、伝統通りの祝いは忘れて、この状況に合わせて祝うように頭を切り替えなければ。
今日を、悲しく絶望した思い出の日にしたくない。この特別な経験のネガティブなことも、そして特にポジティブなことも記憶に残したい。
朝あまり遅すぎない時間に起きて、家の片付けをすませた後、料理にとりかかった。魚介類料理。庭で摘んだ花を食卓に飾る。自分が嫁ぐときに贈られた食器を、母は私が実家を出るときに持たせてくれた。食卓に並べる。”女性らしい”テーブルになる。
約束通り10時になると、両親とオーストラリアにいる弟とテレビ電話で繋がった。2時間にわたり、画面越しに復活祭をともに祝った。
遠く離れて暮らす弟と話した後はとてもさみしくなるのだが、今日は違った。弟は元気で、幸せにしている。ガールフレンドといっしょに、復活祭の夕食を準備をしていた(時差で、イタリアよりも8時間先)。両親も穏やかに見えた。
遠く離れて誰とも会えない復活祭だったけれど、孤立してさみしい気持ちにはならなかった。


2020/4/12 ヴェネツィア Venezia (Veneto)

エリーザ・サンティ
Elisa Santi


復活祭だ。
けっこう遅いのだが、いつもの私からすれば早めに目を覚ます。妹のイレーネと母ヴァニアが、ケーキを作っている。私は朝食をとる。外は、明るい日差しがあふれている。家の白い壁が光っている。イレーネが大笑いしながら母としゃべっている。ヨーコから教わったレシピで、私は鶏肉料理を準備する。鶏肉に下味を付けしばらく寝かせてから、唐揚げにする。じっくり揚げる。ゆっくり美味しそうな匂いが広がっていく。
昼食には、隣に住んでいる親戚がやってくる。食べて、大声で話し、言い合いになり、笑う。全部、強烈な方言で、思わず笑ってしまう。イレーネはケーキにはさんだクリームに砂糖を入れ忘れた。だいじょうぶ。もう食べちゃったから。
皆で中庭に出て、日光浴をする。しゃべる。静かで、おだやかな空気。すべてがうまくいっている、という感じ。
玄関前の石段に座って、ワインを飲む。イチゴを太陽の下で食べる。
ときどき、外出禁止の最中なのを思い出す。私は肩をすくめて、<今日のところは、いったん解除よ>と、思う。


2020/4/12 デルフト(Delft,オランダ)

クラウディア・ダモンティ
Claudia Damonti


早く目を覚ました。でも、親戚に先を越された。すでにファッツアップ(注:メッセージアプリ)のグループ<親戚>に、おめでとうメッセージや復活祭の食卓の写真がたくさん送られてきている。
ゆで卵やサラミソーセージ、ワインにその他おいしものがたくさん。おめでとう、親戚。
今あのサラミ一片とワイン1杯が食べられるのなら、魂を売ってもいい。いや、今だけではなくていつでもそう思っているが、今日は特に食べたい。幸い、家から遠く離れているのは私だけではない。下宿仲間たちといっしょに、できるだけ楽しく過ごそうじゃないの!
下宿仲間を起こし、近所のスーパーマーケットで手に入れた卵型の小さなチョコレートを2個を皿に載せ、卵2個でフリッタータを焼く。ブランチのできあがり!
皆に披露するために、記念撮影は絶対必要。さあ食べましょう。ブオン・アッペティート!(いただきます)
チョコレートの包み紙をむいて、少しずつかじる。おいしい。箱買いしなくてよかった。これでいい。生まれて初めて家族と離れて過ごす復活祭だ。どうなるか、わからなかった。もっと悲惨な復活祭になっていたかもしれない。たとえば、雨に降られるとか。


2020/4/12
ローマ Roma (ラツィオ州 Lazio)

シルヴィア・パリアルーロ
Silvia Pagliarulo

今日は、家族全員がおしゃれをした。”いつもの”復活祭のように。
毎朝、同じモチベーションで早起きしている。いろいろな予定をこなし、活気よい自分を保持したいからだ。無駄に時間を過ごすのが苦手で、むしろ時間はいくらあっても足りない気がする。一刻も早く、<普通の>生活に戻り、何事も起きなかったように暮らしたい。皆、そうなるようにと願っている。それぞれ新しい予定を立てて、それがたとえ面倒な用件でも、取り組みたいと思っている。やっかいな用事ですら、懐かしい。
とても強い希望もある。気持ちの隅で、この先きっと何かが変わるように、と願っている。外出禁止を経て自省が深まり、時間の浪費で終わらないことを祈る。
私自身で言えば、外出禁止のおかげで、協力する大切さや物理的にそばにいなくても寄り添えるのだということ、互いに助け合うということがわかり始めている。
外出禁止が解けたら、早く目を覚まし、祝い事にはおしゃれをして、世の中の諸事ついてこれまでよりは意識して暮らせるようになると思う。


2020/4/12 バーリ Bari(Puglia)

ソーダ・マレム・ロ
Soda Marem Lo

今日は復活祭で、やっと勉強に集中できた。このところ本を読んだり、書いたり、叔父の庭仕事を手伝ったり、母とジグゾーパズルをしたりあれこれ手を付けては、結局何も最後まで終えないままにしていた。
今年も復活祭は祝わなかった。でもこの特別な日に、しばらく前から忘れていた集中力を取り戻すことができたのだった。
1日を終えテラスで最後の日を浴びながら、文化人類学者の調査の旅について読む。やっとバランスが取れた気持ちになる。


2020/4/12 コンヴェルサーノ Conversano (プーリア州、Puglia)

シルヴィア・クレアンツァ
Silvia Creanza

今日は復活祭だ。私は信仰深くないが、多くのイタリア人と同じように、キリスト教の祭典を祝いながら育った。つまり、祖母の家にありとあらゆる親戚が集まって昼食と夕食をともにする(親戚とは、叔父叔母、いとこ、大叔父叔母、甥に姪、恋人、恋人候補などである)。
今年は、この壮大な親族の集まりはすべて取り消しとなり、各家でそれぞれこじんまりと復活祭を祝った。うちは、トマトソースベーズのラザーニャとジャガイモを添えて子羊のロースト、バーリ特有の前菜を用意した。<祝福>と呼ばれる名物料理で、ちょっと変わった食材の組み合わせだ。オレンジにサラミ、リコッタチーズにゆで卵である。
役割分担して、朝から料理に取りかかった。昼食の時間になり、食卓には一番上等の食器を並べる。グラスにはワインをなみなみと注ぎ、私たちは皆、できるだけおしゃれをした(つまり、やっとジャージから着替えた)。
昼食は、デザートにコーヒー、コーヒー殺し*で締めくくりとなった。
そして、大きな卵型のチョコレートを割った。料理に満足しながらチョコの欠片をつまみ、あれこれとしゃべった。食事の時間よりもしゃべっていた時間のほうが長かった。近しい人たちだけで過ごした、いつもと違う復活祭だった。料理は例年通りの豪華さだったが。
驚いたのは、午後、窓を開けたときのことだった。明るい日差しに包まれて、町はいつもよりも生き生きして見えた。子供の泣き声、笑い声、音楽、話し声が、四方から聞こえてくる。開けた窓から、肉のローストやオーブンで焼いたパスタ料理、ティンバッロの匂いが流れ出る。突然、世の中とつながったように感じた。
隣り合う屋根の下で、同時に皆が似たような昼食を取り、美しい食器を並べおしゃれをしていた。いつもの復活祭よりも、ずっと強い思いでともに祭典を祝ったように感じた。皆がいっそうひとつにまとまった復活祭だった。

*(wikipediaによれば) <コーヒー殺し>とは、食後に飲んだコーヒーの後、口に残ったコーヒーの味を消すために合わせ飲むリキュールのことを言う。


2020/4/13 ミラノ Milano(Lombardia)

マルタ・ヴォアリーノ
Marta Voarino



ミラノの小さな集合住宅地区に住んでいる。大都市の中の、小さな村に暮らしているような感じがある。住人同士、顔見知りだ。大都会では珍しいことだろう。コロナ禍によらず、連帯し、お互いに助け合う空気が強くある。住人たちの出会う場所は、<ポンキー・バール>という店だ。うちの建物の1階にある。朝食に行くと、店員も常連も全員が私に名前を呼んで挨拶し、「グロリアさんの娘さんね」と声をかけてくれた。
この小さな、お洒落でもない店に入ると、家族に温かく迎え入れらる気がする。ひとりでも独りきりではない。うまく言い表せない安心感に満たされる。店をとても大切に思うのは、たぶん自分が何年も前からこの店で誕生日を祝い、ひとりで昼食に行っても必ず顔見知りの客がいていっしょに食べることができ、毎朝店員がこの集合住宅に住む身体の不自由な人たちへコーヒーを届けているのを知っていて、毎年ヴァレンタインデーには地区の独り暮らしのお年寄りを夕食に招待しているのを見てきたからだ。
春が来たので、窓を開けて勉強していた。すると突然、階下から「皆さ~ん、大丈夫ですか?」 と大声がした。バリスタのパオロだった。
ひとつ開き、またもうひとつ、とまわりの家の窓が開いていく。住人たちが顔を出し、窓から窓へ笑って、しゃべって。足りないのはコーヒーカップが触れ合う音だけだ。すっかりバールにいる気持ちになる。このバールは、ちょっと家のような店だ。

(写真:向かいに住む友人たちに挨拶する母)


2020/4/13
モンテレッジォ(トスカーナ州)
Montereggio(Toscana)

アレッシア・アントニオッティ
Alessia Antoniotti

この数日は本当に普通とは違っていた。家族や友人たちと過ごしていた毎日がまったく変わってしまった。例えば今日は、復活祭翌日を祝わなかった。他の平日と同じように過ごした。友人たちとバーベキューをしなかった。昼食後の森林浴をしなかった。踊らなかった。歌わなかった。1日じゅう、古い写真を見て過ごし、少しだけ国語の勉強をした。別に嫌だったわけではないが、復活祭翌日に定番になっている習慣をしなかったのは、とても居心地の悪い感じだった。
どこにも行けない中、自分で撮った写真や誰かが撮ってくれた写真での空想の旅と、ボッカッチォ(『デカメロン』)の勉強をしながらその物語の中への旅をした。


2020/4/13
トレカスターニ(Trecastagni) シチリア島(Sicilia)

キアラ・ランツァ
Chiara Lanza


今日は、天使の月曜日。俗称は、<小さな復活祭(パスクエッタ)>。イタリアでは、復活祭翌日(パスクエッタ)は、野に出てバーベキューを楽しむ、と同義である。
私の幼い頃の思い出は、家族付き合いの友人の田舎家で、家のまわりに放し飼いになっている犬や鶏と走り回って過ごし、靴下の中まで泥だらけになって帰宅したことだ。大きくなってからの復活祭翌日は、友人たちとお金を出し合って山ほど肉を買い、陶製の瓦の上で焼いて食べ、大瓶入りのワインを好き放題に飲んだ。家に帰ると、鼻頭は日に灼けて真っ赤で、Tシャツには焼いたソーセージの匂いが沁み込み、両手には皆で分けた食べ残しの入った皿があったっけ。
今日のは、静かなパスクエッタだった。静かすぎたかもしれない。どうがんばろうが、他に過ごしようがなかったのだからしかたない。伝統に従って、バーベキューに火を入れた。パスクエッタの女王は、誰が何と言おうと、粗挽きソーセージである。チポッラータも焼いた。よく知られた肉の料理法で、玉ねぎの葉を薄切りベーコンで包んで焼くのだ。私の大好物である。
庭で過ごした1日は、シュールな静けさに包まれていた。隣との境のレイランドヒノキの垣根越しに、声が聞こえてきた。木を間にはさんで、私たちは少しだけしゃべった。両親は隣家ととても親しい。やっと電話ではなく話ができるチャンスなのに、垣根越しなのだった。「木とコンクリートがある以上は、人と集まってることにはなっていないわよね」(注:外に出るときは、2人以上で群れるのは禁止)。冗談で笑い合う。
「ケーキはいかがです?」
隣の家の夫人が誘う。私たちの間に戸惑いが走る。顔を見合わせて、<そんなことをしてもだいじょうぶなの?>。
結局、私たちはまるで空き巣狙いのようにあたりを注意深く見回してから、垣根の上から手渡されたケーキを受け取った。母はお返しに、うちの料理を少しずつ大皿によそって、垣根の向こうに差し出した。
「これで夕食はもう大丈夫でしょう!」
そのあと食後のコーヒーを雑談しながら飲んだ。こちらとあちら、垣根越しで顔を見ずに声だけで。


2020/4/13 ミラノ Milano(Lombardia)

オット・スカッチーニ
Otto Scaccini


窓の外、景色はミルク色を帯びている。どちらつかずの空模様で、崩れるかどうか読めない。窓を開けると冷気が流れ込み、素足が縮みあがる。かなり温度が下がっている。昨日は最高の天気で、朝食をバルコニーで取れたほどだった。低く曇った空は退屈で眠気を誘う。いつもに増して脱力感が強い。怠惰で、生産的なことをしなかったこの2、3日を打破したい。ベッドに寝転び真っ白な天井を見ながら、がら空きの道のことを考える。何もせず、何にも興味を持てず、ぼうっとした頭で毎日を過ごしいる。達成感をまったく感じられず、身体の奥から叫び声が湧き上がってくる。誰に対して嘆くのか、わからない。きっと自分自身への叫びなのかもしれない。
窓の外を眺め続ける。そのうち、この曇天の中のほうが数日前の晴天のときよりも楽天的で穏やかな気配があるように感じてくる。もう静けさや誰もいない道には慣れた。
外出禁止の中、否応なしに向き合っている孤独感や空虚さの他に、今、突然に、僕の前には好きに使える余白が広がり、のびのびと深呼吸できるチャンスを得たように感じた。今まで自分を取り囲んでいた物や馴れた場所、考えをすべて退け、代わりに新しい考えや想像、人がいない環境だからこそ思いつくことを置いてみたい。
今日は、この気持ちをうまく受け入れられる。白くて何もない天井から、会話や表現、場所、出来事、人物が降り落ちてくる。
枕元のメモを取り、急いで書き留めてみる。


プロフィール
内田洋子 Yoko Uchida

1959年神戸市生まれ。
東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。
2011年『ジーノの家イタリア10景』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
著書に『ミラノの太陽、シチリアの月』(小学館文庫)、『イタリアの引き出し』(CCCメディアハウス)、 『カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想』(集英社文庫)、『皿の中に、イタリア』(講談社文庫)、 『どうしようもないのに、好き イタリア15の恋愛物語』(集英社文庫)、『イタリアのしっぽ』(集英社文庫)、 『イタリアからイタリアへ』(朝日文庫)、『ロベルトからの手紙』(文春文庫)、 『ボローニャの吐息』(小学館文庫)、『十二章のイタリア』(東京創元社)、『対岸のヴェネツィア』(集英社)、 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』『もうひとつのモンテレッジォの物語』(方丈社)、『サルデーニャの蜜蜂』(小学館から5月刊行予定)。
翻訳書に 『パパの電話を待ちながら』(ジャンニ・ロダーリ著、講談社文庫)などがある。