デカメロン2020(Decameron2020)_15

デカメロン2020(Decameron2020)

「デカメロン2020」©(Decameron2020)©

緊急非常事態宣言が発動されたイタリアを、
イタリアの若者が語る、描く、見つめる、歌う

 新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、非常事態宣言が発動されたイタリア。ヴェネツィア、ミラノ、ボローニャ、ローマ、モンテレッジォ、シチリア島などで暮らす17歳から29歳の若者たちが、ささやかだけど私たちにも届く声をつむぎ始めました。彼らが、耳をすませ、見て、感じて、触れた、いまのイタリアの姿を届けます。
 これから始める「デカメロン2020」は、1348年のペストの蔓延からフィレンツェ郊外に逃れた若い男女10人が10日間語りつくす古典『デカメロン』の「リアル・イタリア版」です。


Decameron2020 Index

最新情報

イタリア公告

コラム

これまでの掲載記事


非日常になってしまった普通の生活

©MiBACT


 この画像は、2020年3月9日に政府が発令した全国封鎖 非常事態宣言に追随して、イタリアの文化財・文化活動賞のツイートです。
説明は一字もありません。
 これだけ。
 <#私は家に居る>というタグが付いて、広まりました。
 現状を軽く考えずに外出を避けて家にいよう、と呼びかけたのです。

 しのごの言わずに、発令。
 中世にヴェネツィア共和国のペスト対策で発案された、隔離対策と疫病/感染学をそのまま踏襲するかのように、断固と実践しています。

「生きていたら、経済のどん底からも必ず立ち直れる。物事の重要さの順位、本末転倒にしてはならないことを肝に命じ、弱い人を守り、他人への責任を果たしましょう」

 イタリア政府の封鎖通達を受けて、こうした呼びかけを文化財・文化活動省が出す。事態が由々しいのはウイルスの蔓延もさることながら、人々の心の危機にある、としたからではないかと感じました。
 同省は対応が可能なすべての美術館と連携し、所蔵作品をサイトにアップして無料で鑑賞できるようにし、
「皆さんが外出できなくなったのなら、文化のほうから皆さんを訪ねていきます」
 という公告も出しています。

 交通機関の多くが運休となり、徒歩での外出にすら自己申請の認証書の提示が必要となった現在のイタリアの日常を、各地の若者の五感を通してリアルタイムでお伝えしてみようと思います。

内田洋子
2020年3月16日




2020年3月8日イタリア。非常事態宣言発動。
新型コロナウイルス感染拡大防止のために首相令が発令された。3月10日朝から4月3日までイタリア全土で、移動制限や学校の一時閉鎖、飲食店の夜間営業停止等の措置が決定。
刻々と深刻化していく状況を受けてさらに、3月12日からは生活必需品の販売店,薬局、ドラッグストアを除く全ての商業及び小売り販売活動の休止を発表(期限は3月25日)。
具体的には(以下、在ミラノ日本国総領事館による、2020年3月11日イタリア首相令DPCMの抄訳 https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/20200311_dpcm.pdf):

食料品、生活必需品の販売店や薬局及びスーパーマーケットを除く、全ての商業及び小売り販売活動の休止を規定する。つまり、スーパーマーケットに食料品を買いに走る必要はない。
しかし店舗、喫茶店、パブ、レストランは、宅配サービスできる可能性を残して休業する。

対人距離1メートルの確保ができない理美容院、美容エステ店、食堂サービスは休業する。
生産業及び専門性の高い業務は可能な限りテレワークで活動を続け、従業員には休暇の取得を推奨する。

企業内の生産部門に必須でない部門は活動中止する。感染を避けるため,自社の従業員に安全ルールを守らせることができるのであれば、生産活動は継続することができる。製造会社では現状を乗り越えるための措置として、シフトの調整、休暇の前倒し、不必要な部門の閉鎖を採ることが推奨される。

公共交通機関、公益に資するサービス、銀行・郵便・金融・保険サービス、その他活動を続ける分野が正しく機能するために必要な、生活に不可欠な公共サービスは保証されている。
保健衛生の規則を守る限り、農業・畜産業・農産品加工業、及びこれらの業者に物品・サービスを提供する流通業の継続も保証されている。基本となる規則は変わらない。

我々の移動は、仕事上、健康上あるいは買い物といった必要な理由に制限しなければならない。期限は3月25日。
注:2020年4月1日時点で、<非常事態宣言首相令の有効期限は暫定的に4月13日>となっている。


Decameron2020-15(4.03 13:00更新)

2020/4/01 コンヴェルサーノ Conversano (プーリア州、Puglia)

シルヴィア・クレアンツァ
Silvia Creanza

しばらく前から書いていない。これといって何もしないまま、毎日どんどん過ぎていく。用事や授業、近々の予定がないのは、やりきれない。机に向かおうとしても、やる気が起きない。世の中すべての時間が降りかかってくる気がする。外出禁止になってから、もう3週間になる。ときどき前の日とは違う計画を立て、気持ちを集中させようと試みる。たとえば、朝起きたらすぐにメディテーションをし、体操をする。1日を45分単位で区切ってみる。2、3日しか続かない。午後にぼんやりし、そのまま1日が終わってしまう。義務と規範に忠実でいようとする気持ちと、この状況で強制されている停滞と不動のあいだを行ったり来たりしている。ソファの上で、発酵した生地みたいな気分だ。置いたままなのに、どんどんふくらんでいく。そのうち部屋いっぱいになるまでふくらんでしまうのかも。身動きが取れない状態から抜け出そうとしてみるが、失敗する毎日だ。袋小路に追い詰められた感じ。
起き上がって、朝食をとる。コンピューターを開き、書こうと決める。自分の中の小さな葛藤に穴を開けたい。そうしたら、少しは身軽になるかもしれない。落ち着きを取り戻し、また笑顔を1日を始めたい。


2020/4/01
ヴェネツィア Venezia(Veneto)

ジュリ・G・ピズ
Julie G.Pisu

静かな夜になる予定だった。共有スペースの居間で、チナール割のスプリッツに低く流す音楽を共に、ヴァレはコンピューターに向かって勉強し、私は本を読む。
しばらくすると、そこへサーシャが入ってきた。ロシア人。40歳手前というところ。仕事は休業で、自宅で待機中だ。クマのような人で、姿を見せるのは台所で食事の支度をするときだけ。そそくさと食べたら、また自室に戻って音楽や映画に埋もれているらしい。下宿の同居人なのだが、外出禁止になってからはほとんど姿を見ることがなかった。心配し始めていたところだった。
彼は居間に入ってくると、冷蔵庫を開けて白ワインの瓶を取り出した。私たちを見て、「どう、飲む?」「いいの、どうもありがとう。もうチナールを飲んでるから。よかったら割って、スプリッツにする?」
サーシャは要らない、と礼を言い、ワインをグラスに注いでまた部屋へ戻った。
少しして、ヴァレの叔母さんから電話があった。
「あのね、暇つぶしに見てみて。くだらないけれど、何も考えなくていいから、笑って頭の休憩になるわよ。もうすぐ始まるから」
ヴァレと私はテレビを点ける。バカバカしい番組だ。音量を下げて、点けたままにしておく。再びそれぞれの用事に戻った。そこへサーシャが、空のグラスを手にまた入ってきた。冷蔵庫からワインの瓶を取りながら、点けっぱなしのテレビを見て、私の隣に座る。これまでいっしょにテレビを見たことなどなかったのに。
「これ、何?」
「叔母から勧められた番組なんだけど、見てないからよくわからない」
サーシャはワインを注ぐ。
「見たことないな」「私も!」
ぼんやりと3人で番組を眺めている。
夜10時半になるとヴァレはコンピューターを閉じ、
「勉強するために明日は早く起きなければならないから、もう寝るわ。おやすみ!」「おやすみ!」
私はサーシャと居間に残る。サーシャはまたワインを注ぐ。
「何か国語、話せるの?」 突然、彼が尋ねる。
「4か国語。イタリア語に日本語、英語とフランス語。あなたは?」
「3か国語。ロシア語とイタリア語と英語。でも英語はもう忘れたな。一時はすごく上手だったんだよ。祖母が英語を教えていてね。ロシアで大学に入学して、スペイン語を勉強し始めた。耳に心地よくて、バカンスでスペインに行って夢中になったからだった。僕はスペインで暮らしたかったんだよ」
「へえ、そうなの。それならどうして今、ヴェネツィアにいるの?」
サーシャは再びワインを注ぐ。ワインのおかげで、饒舌になっている。サーシャとこんなに長く話すのは初めてだ。
「スペインが初恋なら、ヴェネツィアは大恋愛かな。スペインからロシアに帰る前に、ヴェネツィアで一泊しに寄ったんだ。ひと目惚れだった。<お前、ロシアに帰ってはダメだ。ここで暮らすんだ。魔法のような町じゃないか。他にはないぞ。絶対にここに住めるようになんとかしろ>と、自分に言った。ロシアに戻ってから、エラスムス留学の申請を出した。ヴェネツィアに発ったのは、9月9日だった。父の誕生日だったから、忘れない。イタリア語はまったくできなかったけれど、少しずつ覚えていった。偶然だったけれど、ラッキーなことに下宿がいっしょだったイタリア人がロシア語を勉強していてね。とても親切だった。僕を本当によく助けてくれた。でも4か月の留学期間が終わり、ロシアに帰らなければならなかった。飛行機の中で、<ヴェネツィアに帰らなければダメだ。イタリア語を忘れてはならない>と、何度も自分に言い聞かせていたっけ」
ワインの瓶は半分、空いている。
「それで、またエラスムス留学の申請をした。それ以上はもう申請できない、最後のエラスムスだった。それも終わってしまうと、ロシアに戻った僕は絶望したよ。イタリアのルッカに恋人がいる、というロシア人の女の子を見つけてね、彼女にイタリア語で僕と話をしてくれないか、と頼んだりもした。なんとかヴェネツィアに帰ろうと、必死で方法を調べた。一番可能性があるなのは、ヴェネツイア国立大学の大学院に入ることだった。簡単ではなかった。まずヴィザ。下宿代。講義。試験はすべてイタリア語で受けなければならなかったしね。滞在許可のための書類は複雑で、審査は厳しかった。3か月の間に、ロシアとヴェネツィアを6、7回は往復したよ。でも、やった。以来ずっと、ここに僕はいる」
ワインを注ぐ。
「容易くはなかったね。アメリカ文学ではなくて、英文学のコースに編入を決められて。いろいろあったなあ。話せばきりがない」
「それでサーシャは、何について学士論文を書いたの?」
「ロシア文学におけるシェイクスピアの影響について」
グラスを飲み干して、
「さあもう寝るかな。おやすみ!」


2020/4/01
ローマ Roma (ラツィオ州 Lazio)

シルヴィア・パリアルーロ
Silvia Pagliarulo

数学の勉強中。まったく集中できない。脳みそが拒否している。つい携帯電話の写真アルバムを見てしまったからだ。見てはならなかった。思い出をさかのぼり、空想の旅に出てしまった。友達とのランチ、散歩。高校の写真まで、ノスタルジーで胸がいっぱいになる。
今日ほど、どこかへ旅発ちたいと思ったことなどなかった。普通の毎日がどれほど貴重なことか、今日ほど思ったことはない。失ってみて初めてその価値がわかる、とは悲しい真実だ。
解こうと何度もがんばるけれど、正解通りに問題が解けない。


2020/4/01 バーリ Bari(Puglia)

ソーダ・マレム・ロ
Soda Marem Lo

家にいるように、と、小型トラックがマイクで流しながら通りすぎていく。大ボリュームで割れた声を壁越しに聞き、あまり調子のよくない鼓膜に響く。イラつく。
誰かに常に監視されているようで、疲れている。自分は門からすら出ず、ベランダから出歩いている人はいるだろうか、と眺めている。あの小型トラックがここを何度も通る意味を考える。何人乗っているのだろう。
そういう私は、母を車で買い物に連れていくこともできない。
3、40分もそこに立っていただろうか。風は少し治まったようだ。
考えこまないうようにしなければ、と思う。こんなこと、普通じゃない。ただでさえ難し状況なのだ。自分でさらにそれをややこしくして、どうなる。
それでもやはり、自分がミラノからここへ帰ってきたわけを、そしてここで何をしたのかを、外出しなくなってから何があったのかを、今の自分はどうなのかを考え続けてしまう。
母は私より調子が悪い。いつも悲しそうだ。それでも毎日、気を紛らわそうと、何かしている。自然の安定剤よ、と言いながら酵母菌を仕込んだり、パスタの生地を練ったり、5000ピースのパズルをし、携帯電話で遊び、スパスパ煙草を吸ったりしている。それなのに、今日もまた昨日と同じだ。
「バールで朝食が食べたいわ・・・・」


2020/4/01 ミラノ Milano(Lombardia)

マルタ・ヴォアリーノ
Marta Voarino



今朝、買い物に行った。春らしいお天気で、軽いジャケットを羽織る。外出禁止になる前には冬のオーバーコートを着ていたのだから、たいした季節の移りようだ。スキップしながら玄関を出ようとすると、後ろから母が、
「マスクゥゥゥゥゥとゴム手袋ぉぉぉぉぉ!」
そうだった。忘れるところだった。
このマスクは、病棟で使っているマスクと全然違う(外科手術用でもっと薄くサイドが空いている)。窒息しそうな、閉じ込められたような感じがして、神経質になる。それに、アヒルになったみたいで、滑稽だ。
さっきまでの弾む気持ちは完全にしぼみ、ブツブツ言いながら階段を下りていく。全くひどいマスクだ。呼吸が内側にこもり、さらに息苦しくなる。
太陽などどうでもよくなった。できるだけ早く用を済ませて家へ帰り、このマスクの地獄から抜け出すことばかりを考える。


2020/4/01
ヴェネツィア Venezia(Veneto)

シモーネ・モリナーリ
Simone Molinari


ほとんど1日じゅう、これまでに自分で撮った何千枚もの写真を見て過ごした。1枚ずつ見ながら、この数年間の特別なあの時やありきたりの毎日、悲しかったことを思い出した。日本を旅したときの写真、大学の仲間たち、家族。どれも皆、今は遠く離れてしまっている。まるでこの家の壁の外へ出て、日を受けながら思い出の中をずっと散歩したようだった。
記憶に残るたくさんの場所のうち、特に僕が恋しくなったのは、十数年前から家族で行く田舎の家だ。自然に囲まれて、野原があり、緑の中を歩く。すべて恋しく、さみしい。一刻も早く、揺るがぬ大地を踏みしめたい。
(注:ヴェネツィアの人々は、<大陸>のことを<不動の大地>と呼ぶ)


2020/4/01 デルフト(Delft,オランダ)

クラウディア・ダモンティ
Claudia Damonti


うっとうしい日だ。寒い。天候次第で気分が浮き沈みする私にとっては、あまり良い日ではない。というか、まったくひどい日だ。家の中にずっといて、なんとかしてあれこれ考えるのをやめなければならない。今この瞬間に焦点を当てて、しなければならないことを考えればいいのだ。課題や試験勉強、家事、食事、スイーツ・・・・・・・何でもいい。
でも、いつもうまくはいかない。思いつくのは、自由になったらできることばかりだからだ。
しなければならないことだけを集中的に考えるなど、無理だ。
下宿仲間がいて、本当に助かる。イタリアでは、そろそろアペリティフの時間だ。食卓を用意しよう。たっぷりの赤ワインも!
赤ワインは私のパッションなのだ・・・・・。
友達がいてよかった。というより、人間がいてよかった。まだ知り合って日が浅くても、自分とは縁遠い場所からやってきた人たちであっても、そんなことかまわない。誰かといれば、くじけない。ありがたい思いは秘めておけない。


2020/4/02 ミラノ Milano(Lombardia)

ミケーレ・ロッシ・カイロ
Michele Rossi Cairo


外出禁止になってから、20日くらいになる(もっとかもしれない)。解除されるまで、まだこの先、少なくとも2週間はある。だいたい中間地点なので(だといいけど)、外出禁止でどういう影響があったのか、考えてみるにはいいのかもしれない。
会いたい人やなくてさみしい物はありすぎるから、僕がこの期間に何を学んだかを考えてみる。
まず、第2週目でコンピューターで遊ぶのは止めた。コンピューターの前に長時間、張り付けになってしまうからだ。
室内でトレーニングを始めた。これまではしたことがなかった。
プログラミングを勉強し始めた。この後、また世の中が回り出すときに、魅力的な履歴書を作れるようになりたい。
ウイルスのせいで宙に浮いたままになっている試験に向けて、勉強を再開した。
ネガティブなこともある。
あまりにすることが少ないために、常にエネルギーが停滞している。朝から晩まで家の中にいるということは、まったく健康的ではない。春が来た今、外に出たくてウズウズしている。読書はほとんどしない。でも注文してみた。本が届くと、読む気が起こるといいが。
まあ、こんなところだろうか。
おおむね、外出禁止になっても悪いことばかりではない。
重要なのは、退屈に飲み込まれずに毎日何かしようと思うことだ。何より大切な資源は、でも時間だ。自分に負けて、無駄に時間を費やすことは、罪だ。


2020/4/02
トレカスターニ(Trecastagni) シチリア島(Sicilia)

キアラ・ランツァ
Chiara Lanza


本日の発見: 学生の毎日の暮らしは、外出禁止であろうがなかろうが、変わらない、ということ。
まったく、変わらない。


2020/4/02
トリノ(ピエモンテ)Torino(Piemonte)

アレッシア・トロンビン
Alessia Trombin


退屈している。
今週土曜日に、芸術経済学の評価方法について試験がある。数学の定理に基づき、問題を解決していくための学問だ。
この間からずっと、<準備ができていない。勉強不足>というフレーズが頭の中でグルグル回っている。
落ち着かない。でも、自分が焦っていることに、なぜかほっとする。小学校以来、試験の前になると必ずこうだった。焦りに対して、これまでと同じでよかった、と感じるなんて、おかしなことだ。だって、期末が、試験が、何もかもが、自室へとやってくる状況なのだから。


プロフィール
内田洋子 Yoko Uchida

1959年神戸市生まれ。
東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。
2011年『ジーノの家イタリア10景』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
著書に『ミラノの太陽、シチリアの月』(小学館文庫)、『イタリアの引き出し』(CCCメディアハウス)、 『カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想』(集英社文庫)、『皿の中に、イタリア』(講談社文庫)、 『どうしようもないのに、好き イタリア15の恋愛物語』(集英社文庫)、『イタリアのしっぽ』(集英社文庫)、 『イタリアからイタリアへ』(朝日文庫)、『ロベルトからの手紙』(文春文庫)、 『ボローニャの吐息』(小学館文庫)、『十二章のイタリア』(東京創元社)、『対岸のヴェネツィア』(集英社)、 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』『もうひとつのモンテレッジォの物語』(方丈社)、『サルデーニャの蜜蜂』(小学館から5月刊行予定)。
翻訳書に 『パパの電話を待ちながら』(ジャンニ・ロダーリ著、講談社文庫)などがある。