デカメロン2020(Decameron2020)_14

デカメロン2020(Decameron2020)

「デカメロン2020」©(Decameron2020)©

緊急非常事態宣言が発動されたイタリアを、
イタリアの若者が語る、描く、見つめる、歌う

 新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、非常事態宣言が発動されたイタリア。ヴェネツィア、ミラノ、ボローニャ、ローマ、モンテレッジォ、シチリア島などで暮らす17歳から29歳の若者たちが、ささやかだけど私たちにも届く声をつむぎ始めました。彼らが、耳をすませ、見て、感じて、触れた、いまのイタリアの姿を届けます。
 これから始める「デカメロン2020」は、1348年のペストの蔓延からフィレンツェ郊外に逃れた若い男女10人が10日間語りつくす古典『デカメロン』の「リアル・イタリア版」です。


Decameron2020 Index

最新情報

イタリア公告

コラム

これまでの掲載記事


非日常になってしまった普通の生活

©MiBACT


 この画像は、2020年3月9日に政府が発令した全国封鎖 非常事態宣言に追随して、イタリアの文化財・文化活動賞のツイートです。
説明は一字もありません。
 これだけ。
 <#私は家に居る>というタグが付いて、広まりました。
 現状を軽く考えずに外出を避けて家にいよう、と呼びかけたのです。

 しのごの言わずに、発令。
 中世にヴェネツィア共和国のペスト対策で発案された、隔離対策と疫病/感染学をそのまま踏襲するかのように、断固と実践しています。

「生きていたら、経済のどん底からも必ず立ち直れる。物事の重要さの順位、本末転倒にしてはならないことを肝に命じ、弱い人を守り、他人への責任を果たしましょう」

 イタリア政府の封鎖通達を受けて、こうした呼びかけを文化財・文化活動省が出す。事態が由々しいのはウイルスの蔓延もさることながら、人々の心の危機にある、としたからではないかと感じました。
 同省は対応が可能なすべての美術館と連携し、所蔵作品をサイトにアップして無料で鑑賞できるようにし、
「皆さんが外出できなくなったのなら、文化のほうから皆さんを訪ねていきます」
 という公告も出しています。

 交通機関の多くが運休となり、徒歩での外出にすら自己申請の認証書の提示が必要となった現在のイタリアの日常を、各地の若者の五感を通してリアルタイムでお伝えしてみようと思います。

内田洋子
2020年3月16日




2020年3月8日イタリア。非常事態宣言発動。
新型コロナウイルス感染拡大防止のために首相令が発令された。3月10日朝から4月3日までイタリア全土で、移動制限や学校の一時閉鎖、飲食店の夜間営業停止等の措置が決定。
刻々と深刻化していく状況を受けてさらに、3月12日からは生活必需品の販売店,薬局、ドラッグストアを除く全ての商業及び小売り販売活動の休止を発表(期限は3月25日)。
具体的には(以下、在ミラノ日本国総領事館による、2020年3月11日イタリア首相令DPCMの抄訳 https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/20200311_dpcm.pdf):

食料品、生活必需品の販売店や薬局及びスーパーマーケットを除く、全ての商業及び小売り販売活動の休止を規定する。つまり、スーパーマーケットに食料品を買いに走る必要はない。
しかし店舗、喫茶店、パブ、レストランは、宅配サービスできる可能性を残して休業する。

対人距離1メートルの確保ができない理美容院、美容エステ店、食堂サービスは休業する。
生産業及び専門性の高い業務は可能な限りテレワークで活動を続け、従業員には休暇の取得を推奨する。

企業内の生産部門に必須でない部門は活動中止する。感染を避けるため,自社の従業員に安全ルールを守らせることができるのであれば、生産活動は継続することができる。製造会社では現状を乗り越えるための措置として、シフトの調整、休暇の前倒し、不必要な部門の閉鎖を採ることが推奨される。

公共交通機関、公益に資するサービス、銀行・郵便・金融・保険サービス、その他活動を続ける分野が正しく機能するために必要な、生活に不可欠な公共サービスは保証されている。
保健衛生の規則を守る限り、農業・畜産業・農産品加工業、及びこれらの業者に物品・サービスを提供する流通業の継続も保証されている。基本となる規則は変わらない。

我々の移動は、仕事上、健康上あるいは買い物といった必要な理由に制限しなければならない。期限は3月25日。
注:2020年4月1日時点で、<非常事態宣言首相令の有効期限は暫定的に4月13日>となっている。


Decameron2020-14(4.01 13:30更新)

2020/3/30
ヴェネツィア Venezia(Veneto)

シモーネ・モリナーリ
Simone Molinari


外出禁止になってから、かなりの時間が経った。
嵐はいまだ治まる気配はなく、先は長そうだ。この先に、これまでと異なる世界が待っている。どのように<普通>に戻るのだろう? 僕たちの、空間や身体、社会に対する意識はどう変わるのだろう?
大勢が論じているが、誰にも答えは予測できない。
とりわけヴェネツィアにとっては、深刻な問題だ。世界中から訪れる観光客で成り立つ町で、それぞれ気の向くままに移動して楽しむ場所である(場所だったー少し前まではー)。今後、移動する人が減り、境界での警備が強まり、国際社会からの隔離が進むと、ヴェネツィアをはじめイタリア全土は強烈に経済的に困窮するだろう。
昨日、買い物に行った。何日も外に出ていなかった。路地には紙くずや枯葉、砂埃があちこちに溜まり荒れているのに、驚く。近くの橋には、雑草まで生えている。
かなりの時間が経ったのだ。悠々と水は流れる。緑はゆっくりと岸壁に生え伝わっていく。


2020/3/30
ヴェネツィア Venezia(Veneto)

ジュリ・G・ピズ
Julie G.Pisu

<試験は5月に延期されました>
よかった。これで数か月かけて勉強できる!
<5月に延期になった試験は、4月4日に再び変更されました>
パニック。準備にあと数日しかない。
ヴェネツィア大学は、試験の実施に四苦八苦している。私のケースのように、特に筆記試験が大混乱だ。
当初は外出禁止の規制が解けた後、遅れた分を挽回する予定だった。教授たちもどのように対応してよいのかわからない。どのように遠隔試験を行うのか?
いっぽう口頭試験は、それほど問題がないように思える。学生がインターネットで教授からのテレビ電話を受け、質問に答えればよい。ところが、中には学生を信用しない教授もいる。
<コンピューター画面に映りこまないアングルに参考文献を貼ったり、最悪の場合、インターネットで同時に検索したりする学生も出るのではないか?>
口頭試問の際に自力で解答しているのを明らかにするために、目隠しで試験に臨むように指示された、と友人から聞いた。
そこで、私も試してみた。目隠しするのに適当な布切れがなく、キツネの耳付きのヘアバンドで締めてみる。
筆記試験はどうなる?
どうやら、学生が試験用紙から視線を動かしていないかを監視するテレビカメラ機能を、各自がコンピューターに設定しなければならないらしい。

試験前からすでに緊張している。


2020/3/30 ミラノ Milano(Lombardia)

ミケーレ・ロッシ・カイロ
Michele Rossi Cairo


昨日、時計の針を1時間先に進めた。サマータイムが始まった。
僕の頭の中では、これはつまり春の始まりだ。1日の時間が延びて、やっと暖かくなり、夏のバカンスがすぐそこ、ということだ。ところが、今年は春が来てもいつものように嬉しくない。こんな気分は初めてだ。日差しが明るくなり日照時間が長くなっても、何も変わらない。どうせ外には出られない。何か月も放りっぱなしになっている諸事を片付けなければならないから、夏休みどころではないだろう。
アメリカでの6年間の大学生活を終え、イタリアに帰国して初めて迎える春だ。何もできないイタリアの春。アメリカで暮らしている間、毎年、春はホームシックの季節だった。イタリアに帰る日を待ち焦がれたものだった。
母国に戻り、自宅で春を迎える。たとえどれほど特異な春でも、ほっとしている。大変な状況だが、僕には悪くない春なのかもしれない。


2020/3/30
トリノ(ピエモンテ)Torino(Piemonte)

アレッシア・トロンビン
Alessia Trombin


今日は、我が家の買い出しの日。
5日前からこの日が来るのを心待ちにしていた。だって、私が行く番だから。
準備はすべて整っている。リストに袋。あとは出かけるだけだった。でも行けなかった。家用の、大好きなジャージを脱げなかった(白でサイドにショッキングピンクのライン)。靴がはけなかった。家の中では靴下かスリッパだ。あるいは、紫色の地にピンク色の星模様のフカフカのルームシューズをはいている。
私の代わりに父が出かけるのを見ながら、<すべてが終わった後でも、家から出たくなくなっているだろうか? 普通の靴をはけるだろうか?>
大好きなコンヴァースのレパード、ハイカットをはく準備ができていない。
次の買い物には、私が行く。


2020/3/30
トレカスターニ(Trecastagni) シチリア島(Sicilia)

キアラ・ランツァ
Chiara Lanza


買い物に行く日を今か今かと待ち構えていた。今日、やっとその日がきた!
母から繰り返し説明を受けて、追加訂正した長いリストを手に車に乗る。うちの近くの大型店へ向けて出発だ。
ウキウキ気分は、すぐにしぼんでしまった。いつもなら車がびっしりと詰まっている巨大な駐車場が、空っぽだ。細かな雨が降っている。湿って重く、灰色の霧が立ち込めている。世の中の不安をそのまま映し出した光景だ。
マスクをしっかり着用し、使い捨てのゴム手袋を着けて、用意はできた。
長い行列。それぞれのショッピングカートといっしょに、入り口に立つ警備員から入店の合図が出るのを待っている。
幸い、待ち時間は10分程度で済んだ。店に入るとすぐそこに、とてもカラフルな包装のされた、復活祭用の卵型のチョコレートが山積みしてあった。毎年この時期になると、その売り場は大混雑した。祖父母に子連れの家族で身動きも取れないほどだった。だからこれまでは、チョコ卵の売り場は避けてきた。ところが今日は、私しかいない。カラフルな包装紙の森の中をゆっくり歩いていると、店員から、外で待っている客のためにも必要な買い物を早く済ませるように、と促される。
私は謝り、買い物を続ける。
やっと選び終える。いくつかは売り切れだったが、それでもカートはいっぱいだった。

車に乗り、マスクと手袋を外す。バックミラーを見ると、ほお骨に赤く痕が残っている。<いやだなあ> 独り言ち、マスクを何時間も着けていなければならない人たちを思う。自分が恥ずかしい。
エンジンをかけ、家に帰る。


2020/3/30
ヴェネツィア Venezia(Veneto)

ヴァレンティーナ・スルブリエヴィチ
Valentina Srbuljevic


2日前の土曜日には買い物に行き、今日は薬局へ行った。二度の外出、二度の”散歩”だ。
檻の中の動物のような気分だ。いや、私は動物園の檻の中の動物と同じだ。独りで、同類とはほとんど接触がなく、危険なので動き回れる空間はごく限られている。そう考えながら出かける。強風。もはや唯一の道連れだ。外出禁止よりましだ。早足で歩き薬局へ着くと、店の外で2人待っている。店内に入れるのは、一度に2人までだ。待ちながら、店内での動線を考える。待っている若い客たちも、どう動いていいのかわからず混乱している。
店に入ると、各商品の棚を記した矢印が黒いゴムテープで床に貼ってある。そこで私は野球グラウンドを空想する。ファーストからセカンド、とベースを思い浮かべる。支払う段になる。まず私がキャッシュカードをレジのそばに置く。その間、店員は後ろに下がって待っている。置いたら今度は私がレジから離れる。店員がキャシュカードの読み取り機に金額を打ち込む。次に私は暗証番号を打ち込まなければならない。店員が離れる。私が近づく。
やっとホームベースにたどり着く。棚に貼ってあるボディローションの宣伝カードが目に入った。
”TIAMA(あなたを愛している)”。BIO(オーガニック)商品だ。
”BIO TI AMA(ビオはあなたを愛している)”。
そのものズバリで心に刺さるキャッチは、宗教っぽいメッセージにも読める。パンフレットと商品を取り、買い足そうと振り返ったら、店員はもう次の接客にかかっていた。
<BIOが私のことを愛してくれて、よかった>と、思う。
帰宅してジュリに話して、また笑う。
何時になったのか、私が言うと、「遅くなっちゃった!」と、ジュリが慌てて用意に立ち上がる。
私たちの1日は、三個のカップと過ぎていく。
エスプレッソ・コーヒー。紅茶。そして、スプリッツ用のグラス。


2020/3/30 カリアリ Cagliari (サルデーニァ島 Sardegna)

アニェーゼ・セッティ
Agnese Setti

昨日、友達のシルヴィアとベアトリーチェとテレビ電話で長話をした。数時間しゃべった。どう思っているのか、何をして過ごしているのか、終わったら何をしようか、延々と話した。
外出禁止のおかげで、周囲の人たちとの接点や関係がどれほど重要なのかが身に染みてわかる、と電話のあとに改めて思う。
技術は私たちを助けてくれる。命も救ってくれる。しかし、いつもそばにいてくれる人の代わりはできない。携帯電話でのメッセージのやりとりで済ませずに、実際に会うことがどれほど大切なのか、わかる必要があったのだと思う。
昔のことばかり、思い返している(寂しいだけではなく、少しロマンチックな気分でもある)。テラスから見ながら過ごしたいくつもの夕焼け、など。
将来、この外出禁止の期間で何を思い出すのだろう? 名前も人の顔にも繋がらない。何もない。でも厳然としてある、この事実。
自分が22歳のときに、<不在>や<消失>が常に貼り付いている、という状況を体験したことを忘れないだろう。そして、よもやひとりきりになるようなことが起きても、独り取り残される気持ちにはけっしてならないことも、忘れない。


2020/3/30
モンテレッジォ(トスカーナ州)
Montereggio(Toscana)

アレッシア・アントニオッティ
Alessia Antoniotti

家族全員、正式に退屈している。
今日は、皆で雨戸を修理して暇をつぶすことになった。父と母は雨戸にヤスリをかけ、私と弟はペンキを塗った。作業中、この間の納屋掃除で出てきたラジオを点けた。もはやラジオは、外出禁止をいっしょに過ごす良き相棒だ。
こうして今日も1日、また過ぎた。
もう長いこと家族そろって何かをすることなど、なかった。ただの1日ではなかった。意義があった。とにかく、とても楽しかった。


2020/3/31
インペリア  Imperia(Liguria)

マルティーナ・ライネーリ
Martina Raineri


外出禁止で、考えたり反省したりする時間がたっぷりとある。自分自身のことだけではなく、いっしょに暮らす人たちの、これまで知らなかったことを知ることもできる。
フランチェスコは在宅勤務の体制を整えて、日中は彼が仕事をしている様子を見たり聞いたりできる。普段なら考えもしなかったことだし、できなかったことだ。
知り合って12年になるが、知らなかった彼の一面や性格を発見する。毎日の仕事の段取りや、顧客や他都市の仕事仲間との接し方、問題への対処などを見ている。プロとしての自信に裏付けされた話し方は、ていねいで安心して任せられると感じる。
今までにも彼から仕事の話は聞いていたが、こうして業務中の様子を間近に見聞きするのはまったく別ものだ。今まではストレスが溜まったり疲れたりしても、家に帰る道すがら、少しは気晴らしができていただろう。ところが今は、部屋から部屋への移動しかできない。
少しでもリラックスして仕事をしてもらおうと、観葉植物を置いてみた。私の部屋に置いてあったスパティフィラムが、彼の周りからネガティブなエネルギーを清めてくれますように。私にもそうしてくれたように。


2020/3/31
トレカスターニ(Trecastagni) シチリア島(Sicilia)

キアラ・ランツァ
Chiara Lanza


家族といっしょに外出禁止の期間を過ごす事態となっている。計画してそうなったのではなかった。1か月あまり前、北イタリアより郷里のほうが確かなように思い、私はシチリアに戻ってきた。
そのあと外出禁止令が出たため、結果的に私は実家に留まったままになっている。それはとてもうれしいことなので、誤解しないでもらいたい!
ただ、家を出て5年間のひとり暮らしを経験した今、たとえ家族とはいえ人に対して寛容でなくなり、辛抱強くなくなっているのに気がついた。外出禁止のせいで、同じ屋根の下で暮らすことが強制され、各自ができる限り、うまくやっていけるように努力しなければならない。
一番、同居がやっかいな相手は、この自分自身だ。私は予定がいっぱいに詰まっているのが好きだ。1日じゅう外で過ごすが好きだ。何か生産的なことをするのが好きだ。今日1日あったことと明日することを考えながら、眠るのが好きだ。
もしいったん動きを止めると、明確に答えがわかっていることを自問自答し始める。何度も同じことを考えすぎて、そのうちそれでいいのか不安になってくる。不安はどんどん強くなり、深い底へと落ちていく。そして、自信がなくなってしまう。
確固とした決意はガラガラと崩れて粉となり、決意に至った論理は消えてしまう。
起点を見失う。
そして今、現状を見ながら、自分の存在する意味も感じられない。
いったいいつ普通が戻ってくるのだろう? いつこれは終わるのだろうか?

外を見る。春は活き活きしていない。深いため息といっしょに悩みが外へ出ていく。


2020/3/31 ミラノ Milano(Lombardia)

アンジェラ・ボナディマーニ
Angela Bonadimani


21:34。夕食後、外の空気を吸うためにバルコニーに出る。
最初に目に入ったのは、満月。そこからは、半分だけ見える。煌々とした光に、惹きつけられる。見とれる。空全体を見回して、星を数えてみる。20個ほどか。馬鹿げているように思われるかもしれない。でも、ふだんミラノで星は見えないのだ。ひとつかふたつ。五つほどの小さな点が見えたら、ツイている。
今晩のように見えたことなど、なかった。外出禁止になってから、世の中が変わった、と私が思いたいからなのかもしれない。閉じ込められているここから救ってもらいたいからかもしれない。
星を見て、身体の中で何か変わる感じがした。
フランチェスコ・グッチーニの歌が口をついて出る。イタリアのシンガーソングライターだ(『ねえ見てごらん』1970 から抄訳)
  捉えられない不思議な気配
  夜に探そうとしても、君に見えない
  顔を動かさずに僕が笑うとき、
  声無く僕が泣くとき、僕が叫びたいとき、
  夢を見て、
  本を読み、凧に、そして無いものに
  僕が歌を作りたいと思うとき、
  そうなんだよ、説明するのは難しい、
  もし君がまだわかっていないのなら、
  わかるのは難しい
  私が見ている星を写真に撮って、皆に見せてあげたい。でもうまく写せない。
  私がどれほど昂ぶった気持ちで星を見ているか、皆に伝えたい。
  今晩、あたりには不思議な気配が漂っている。


2020/3/31 ヴェネツィア Venezia (Veneto)

エリーザ・サンティ
Elisa Santi


今日はまあまあ調子がいい。昨夜はあまり眠れなかった。昼寝をして、よい夢を見た。正直に言うと、最初のほうはあまりよくなかったのだけど。今になってそれがわかった。

大学の友達の家にいる。全然知らない子だ。週末をその子の家で過ごしている。どこにでもある家だ。白い壁に額装された写真。青いシーツ。寝づらい枕。台所は黄色だった。その子と何をしていたのかはよく覚えていない。何か話したのかどうかも覚えていない。私はすごくイラついていて、突然、私はその子に挨拶もしないで電車に乗ってある町へ行ってしまう。その町のことを私は知っている。私の思い出の半分はその町のものだ。だいぶん前から会っていないある人を待っている。フェラーリ広場の階段にカバンを横に置いて座っている。ものすごくイラついている。いきなり待っていたその人が現れる。気まずい空気。私はすごくイラついている。私たちはチャオチャオと手を振って、トントンと背中を叩き合うようにハグする。歯をかみしめて、口を開け、笑い合う。すごくイラついている。しゃべる。平らな感じ。いつも文句のつけどころがないように注意している。でも、いつもそうはいかない。慣れた雰囲気と異なるといいのに、と思っている。私はすごくイラついている。私たちはチャオチャオと手を振る。トントンと背中を叩き合うようにハグする。歯をかみしめて、口を開け、笑い合う。

目を覚ましたとき、事態が変わっていたらな、と思った。目を覚まして、どうしたら事態を変えられるのだろう、と思った。
そして、本当に目が覚めた。自分には何もできないのだとわかった。
現在がそこにいる。つまり近過去だ、すでに。つまり10分前に、電話が鳴った。私はすごくイラついている。電話に出る。もしもし? もしもし? 私たちはすごくイラついていた。気まずい状況。今回はでも、甘い気まずさだ。これまで慣れてきた状況とは異なる。小さな声でチャオチャオと挨拶する。互いに、それはよかったね、と言い合う。私たちはすごくイラついていた。


プロフィール
内田洋子 Yoko Uchida

1959年神戸市生まれ。
東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。
2011年『ジーノの家イタリア10景』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
著書に『ミラノの太陽、シチリアの月』(小学館文庫)、『イタリアの引き出し』(CCCメディアハウス)、 『カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想』(集英社文庫)、『皿の中に、イタリア』(講談社文庫)、 『どうしようもないのに、好き イタリア15の恋愛物語』(集英社文庫)、『イタリアのしっぽ』(集英社文庫)、 『イタリアからイタリアへ』(朝日文庫)、『ロベルトからの手紙』(文春文庫)、 『ボローニャの吐息』(小学館文庫)、『十二章のイタリア』(東京創元社)、『対岸のヴェネツィア』(集英社)、 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』『もうひとつのモンテレッジォの物語』(方丈社)、『サルデーニャの蜜蜂』(小学館から5月刊行予定)。
翻訳書に 『パパの電話を待ちながら』(ジャンニ・ロダーリ著、講談社文庫)などがある。