デカメロン2020(Decameron2020)_06

デカメロン2020(Decameron2020)

「デカメロン2020」©(Decameron2020)©

緊急非常事態宣言が発動されたイタリアを、
イタリアの若者が語る、描く、見つめる、歌う

 新型コロナウイルスが世界中に蔓延し、非常事態宣言が発動されたイタリア。ヴェネツィア、ミラノ、ボローニャ、ローマ、モンテレッジォ、シチリア島などで暮らす17歳から29歳の若者たちが、ささやかだけど私たちにも届く声をつむぎ始めました。彼らが、耳をすませ、見て、感じて、触れた、いまのイタリアの姿を届けます。
 これから始める「デカメロン2020」は、1348年のペストの蔓延からフィレンツェ郊外に逃れた若い男女10人が10日間語りつくす古典『デカメロン』の「リアル・イタリア版」です。


Decameron2020-Index

最新情報

イタリア公告

コラム

これまでの掲載記事


非日常になってしまった普通の生活

©MiBACT


 この画像は、2020年3月9日に政府が発令した全国封鎖 非常事態宣言に追随して、イタリアの文化財・文化活動賞のツイートです。
説明は一字もありません。
 これだけ。
 <#私は家に居る>というタグが付いて、広まりました。
 現状を軽く考えずに外出を避けて家にいよう、と呼びかけたのです。

 しのごの言わずに、発令。
 中世にヴェネツィア共和国のペスト対策で発案された、隔離対策と疫病/感染学をそのまま踏襲するかのように、断固と実践しています。

「生きていたら、経済のどん底からも必ず立ち直れる。物事の重要さの順位、本末転倒にしてはならないことを肝に命じ、弱い人を守り、他人への責任を果たしましょう」

 イタリア政府の封鎖通達を受けて、こうした呼びかけを文化財・文化活動省が出す。事態が由々しいのはウイルスの蔓延もさることながら、人々の心の危機にある、としたからではないかと感じました。
 同省は対応が可能なすべての美術館と連携し、所蔵作品をサイトにアップして無料で鑑賞できるようにし、
「皆さんが外出できなくなったのなら、文化のほうから皆さんを訪ねていきます」
 という公告も出しています。

 交通機関の多くが運休となり、徒歩での外出にすら自己申請の認証書の提示が必要となった現在のイタリアの日常を、各地の若者の五感を通してリアルタイムでお伝えしてみようと思います。

内田洋子
2020年3月16日




2020年3月8日イタリア。非常事態宣言発動。
新型コロナウイルス感染拡大防止のために首相令が発令された。3月10日朝から4月3日までイタリア全土で、移動制限や学校の一時閉鎖、飲食店の夜間営業停止等の措置が決定。
刻々と深刻化していく状況を受けてさらに、3月12日からは生活必需品の販売店,薬局、ドラッグストアを除く全ての商業及び小売り販売活動の休止を発表(期限は3月25日)。
具体的には(以下、在ミラノ日本国総領事館による、2020年3月11日イタリア首相令DPCMの抄訳 https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/20200311_dpcm.pdf):

食料品、生活必需品の販売店や薬局及びスーパーマーケットを除く、全ての商業及び小売り販売活動の休止を規定する。つまり、スーパーマーケットに食料品を買いに走る必要はない。
しかし店舗、喫茶店、パブ、レストランは、宅配サービスできる可能性を残して休業する。

対人距離1メートルの確保ができない理美容院、美容エステ店、食堂サービスは休業する。
生産業及び専門性の高い業務は可能な限りテレワークで活動を続け、従業員には休暇の取得を推奨する。

企業内の生産部門に必須でない部門は活動中止する。感染を避けるため,自社の従業員に安全ルールを守らせることができるのであれば、生産活動は継続することができる。製造会社では現状を乗り越えるための措置として、シフトの調整、休暇の前倒し、不必要な部門の閉鎖を採ることが推奨される。

公共交通機関、公益に資するサービス、銀行・郵便・金融・保険サービス、その他活動を続ける分野が正しく機能するために必要な、生活に不可欠な公共サービスは保証されている。
保健衛生の規則を守る限り、農業・畜産業・農産品加工業、及びこれらの業者に物品・サービスを提供する流通業の継続も保証されている。基本となる規則は変わらない。

我々の移動は、仕事上、健康上あるいは買い物といった必要な理由に制限しなければならない。期限は3月25日。




在イタリア 日本大使館からの公告です


●3月17日,イタリア内務省は,3月8日及び9日首相令に基づき,移動の自由に関して内務省が規定した自己宣誓フォームの改定を発表しました。変更箇所は,「自分は自己免疫措置の対象となっていない,ウイルス検査で陽性と判断されていない」という部分が追加になっています。

●内務省の新しい自己宣誓フォーム(イタリア語)は,下記URLから入手可能です。ご参考まで和訳を在イタリア日本国大使館のホームページに記載します。

●イタリア国内では,警察当局により,主要な駅,空港,道路等において規制が強化されていますので,同国内務省規定の自己宣誓フォームに移動の理由を含む必要事項を記入して,携行されることを奨励します。

移動に関する自己宣誓フォーマット
https://www.interno.gov.it/sites/default/files/allegati/modulo-autodichiarazione-17.3.2020.pdf

【参考】移動に関する自己宣誓フォーマット(和訳)
https://www.it.emb-japan.go.jp/pdf/20200317_mdi_format.pdf
    問い合わせ先
  • 在イタリア日本国大使館
    電話:06-487991(領事部)
  • https://www.it.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
  • 在ミラノ日本国総領事館
    電話:02-6241141(領事・警備班)
    https://www.milano.it.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
  • 外務省領事サービスセンター
    電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903
  • 外務省領事局政策課(海外医療情報)
    電話:(代表)03-3580-3311(内線)4475
  • 海外安全ホームページ
    https://www.anzen.mofa.go.jp/(PC版・スマートフォン版)
    http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html(モバイル版)

  •  Decameron2020-06(3.22 16:30更新)


    2020/3/20
    モンテレッジォ(トスカーナ州)
    Montereggio(Toscana)

    アレッシア・アントニオッティ
    Alessia Antoniotti


    今日は勇気を出した。
    200メートル先に住んでいる祖父母を訪ねたのだ。全身を消毒し、防備してから家に入った。祖父母は訪問を喜んでくれ、私も会えてうれしかった。
    祖母と話しながら、パンの焼き方を教えてもらおう、と思いついた。祖母のパンは最高においしいのだ。
    材料を用意して、私達は生地を準備した。生イーストを入れて発酵するのを待つ間、祖父とトランプをした。祖父母のところに来られず、さみしかった。でも祖父母に何かあってはならないと用心して、外出禁止になってからずっと家に閉じこもってきた。もう自己管理は十分できただろう。祖父母と永遠にいっしょにいられるわけではないのだ。
    あれこれ考えながら、トランプを続けた。
    生地がふくらんだわよ。祖母の声で、我に戻った。


    2020/3/20 カリアリ Cagliari (サルデーニァ島 Sardegna)

    アニェーゼ・セッティ
    Agnese Setti

    エラスムス留学からカリアリ(サルデーニャ島)に戻って、今日でちょうど1か月経った。5か月に及ぶセヴィリアでの大学生活は素晴らしかった。今日、インターネット電話で、そのときの友人たちとグループで話した。イタリアからやスペイン、ウルグアイにアルゼンチンからだ。世界各地で皆そろって、外出禁止。全員、退屈している。セルヴィアでの元気いっぱいの毎日から、この屋内だけの暮らしへの激変だ。
    セヴィリアでは、驚きと発見の毎日だった。目の眩むような美しい町での暮らしは、私たちにとって映画の中のワンシーンのようだった。自由で身軽、責任のあまりない身分で、あの町の魅力を存分に味わった。
    グループの中でヨーロッパ出身者たちは、4月の末にセヴィリアに集まる約束だった。もう行けないのはわかっている。いろいろな計画もご破算だ。すでにフライトは予約したが、今のところキャンセルにはなっていない。とても楽しみにしていて、きっとこれからの1か月でうまくいき必ず再会できる、と念じている。祈っている。
    夢みたいなことを、だろうか? 違うと思う。私たちは若く、まだ未熟で理論だけでは納得できず、希望こそが原動力なのだ。
    電話を終えたあと、箱を開けた。エラスムス留学のときの思い出がいっぱい詰まっている。今日、初めて開けた。手紙や美術館の入場券半券、演劇や映画のチケット、スペイン各地に連れていってくれた電車の切符、絵葉書、落書き、絵、ブレスレット。
    部屋にこもって、小さな宝物の欠片からスペインでの数か月を思い出した。ノスタルジーで胸いっぱいだ。

    (注:アクセスが多く、YouTubeで動画解像度を低くして配信中)


    2020/3/20 バーリ Bari(Puglia)

    ソーダ・マレム・ロ
    Soda Marem Lo


    3日前から頭痛がする。たぶん強制されるせいだ。勉強も家事も、退屈することも。コンピューターや電話、テレビの前で過ごすことを。
    外出できなくなってからの15日、ベッドから起き上がるのがとても難しくなってきた。昨日と何も変わらない1日が今日も始まる。どうしていいのかわからない。
    昨夜から頭の中でソッチ*の文章を繰り返している。


    頭の中の頭を感じてみてごらん
    守ってくれる頭
    の中にある、もう少し小さな頭

    昨日から春、それで
    劇的な展開ということなのかもしれない。
    二つの頭のうちのひとつが、痛い。
    でもどちらなのか、わからない。

    *ルイジ・ソッチ 詩人。Luigi Socci。Prevenzioni del Tempo, Valigie rosse poesia, Vecchiano, 2017


    2020/3/21 カリアリ Cagliari (サルデーニァ島 Sardegna)

    アニェーゼ・セッティ
    Agnese Setti

    昨夕、うちに祖母が夕食に下りてきた。唯一の私の祖母は、幸い同じ建物内に住んでいる。うちの上の階だ。
    祖母は気落ちしていた。退屈なのだ。
    こうなる前は、毎日出かけて散歩をし、薬局へ寄り、それからパン屋、長年の付き合いのチェザレさんの青果店で買い物をしていた。
    「おばあちゃん、ポジティブに考えようよ。戦争を生き抜いた話だけじゃなくて、これで疫病感染も生き抜いたって話せるじゃない!」
    私が言うと祖母は少しだけ笑ったが、何も返さなかった。

    祖母は、本物の戦争を体験した。いま87歳だが、とても元気だ。ファシズム時代に私の曽祖父(彼女の父)は、東アフリカのエリトリア、アスマーラの植民地に転居した。6歳だった祖母は両親と妹とともに、しばらくの間アフリカでそれから暮らした。そして突然のイギリス軍の上陸。「連れていってしまったの」 とだけ祖母が言うように、私の曽祖父は、彼女の父は連行され、いなくなった。
    その後も祖母は妹と母とアフリカに残った。
    私はしょっちゅう祖母にねだってそのときの話を繰り返し話してもらうが、毎回、初めて聞く話がある。数日前に聞いた話で祖母たちがガゼルを飼っていた、と知った。どうしたことか、この野生動物が祖母たちになついて、家の庭にいついてしまった。ときどき頭がおかしくなったように、ガゼルは家の周りをまるでコマのように走り回り続け、その様子に祖母と大叔母のパオラは身をよじって笑ったのだそうだ。
    ようやくイタリアへ戻るときがやってきた。サルデーニャ島はアフリカにとても近いのだが、その頃スエズ運河は閉鎖されていたために、アフリカ大陸を一周する航路を取らざるを得なかった。大型船は、海のあちこちに漂流する爆弾を避けながら進まなければならなかった。どれほど悲惨な船旅だったか、と祖母は繰り返す。何週間にもわたって、恐怖といっしょにカリアリまで旅を続けた。
    やっと着いた故郷は、戦禍で見る影もなかった。全壊。何年も経ってから、曽祖父は病に冒されボロ布のようになって、イギリスの強制収容所から戻ってきた。
    「おばあちゃん、本に書かないと!」
    何度も私は勧めるが、祖母は笑って相手にしない。
    祖母の話に聞き入って、時間の経つのを忘れる。時間をさかのぼって、遠い異国を想像する。情景や夕焼け、満月、匂い、顔、温もり。
    私のそばに歴史の一片がいる。幸運だ。私は、外出規制に対して連日文句を言っている。ところが祖母は、ひと言も愚痴らない。アフリカでの恐ろしい記憶の前には、何でもないことなのだ。 私の番がやってくるときのことを思う。今のこのことを私の孫に話すときのことを考える。私が祖母の話に熱心に耳を傾けるように、私の体験談を聞くのだろうか。
    どうなのだろう。
    ラテン語の勉強に戻らなければ。
    1日、本と向き合って過ごす。


    2020/3/21
    ヴェネツィア Venezia(Veneto)

    ジュリ・G・ピズ
    Julie G.Pisu

    <春の大掃除>
    消毒剤。この匂いで目が覚める。朝8時から、同居人の誰かがもう部屋の掃除をしたのだろうか? 目を閉じたまま、耳を澄ませる。静かだ。屋外から、ブーンという音が聞こえる。窓から外を見ると、マスクとゴーグルに蛍光色のジャケットの2人と白い防護ツナギを着た人が、岸壁沿いの通りを消毒していた。無駄口はいっさいない。白いツナギの人は、ポンプから消毒液を散布している。路面から壁、ベンチに至るまで、念入りにゆっくりと、少しの隙間も残さず隅々まで消毒しながら進んでいく。ヴェネツィアの全ての消毒作業は、先週から始まった。
    ジュデッカ島を、消毒剤の匂いが覆う。
    春が始まった朝。


    2020/3/21
    トレカスターニ(Trecastagni) シチリア島(Sicilia)

    キアラ・ランツァ
    Chiara Lanza


    緊急事態の現在、多くのイタリア人が、食べ物がなくなってしまうのではないか、と不安に思っているらしい。ニュースで、スーパーマーケットの店外には長い行列ができ、棚は空っぽの様子を見る。買い占めは、もう日常茶飯事となった。
    そういうのが私と家族は嫌で、外出禁止になってからスーパーマーケットには行っていない。母は買い物先を青果店と鮮魚店だけに絞っている。買い方も考えて、まず欲しいものをリストアップしてから、店に電話をする。引き取りに行く時間を約束して、時間になったら買い物袋を提げて取りに行くのである。
    でもさすがに2週間も経つと、スーパーに行かざるを得なくなってきた。
    思いつく順に、必要なものをポストイットに書いて冷蔵庫に貼っていった。今日の時点で、冷蔵庫に貼ったリストはA4サイズに増えている。
    島の当局からの告知で、現在スーパーマーケットに 2人で行くのは禁じられている。私が1人で行けるから、と母に拝むように言った。
    「あなたのことを信じていないのではなくて、他の人を信じてないのよ!」
    私の申し出に納得していない口ぶりだった。
    「それに、あなたが行くと要らないものをたくさん買うでしょ、きっと」
    私がスーパーで禁じられたものを羽目を外して買うのに違いない、と想像して母は笑っている。
    気を落ち着けて行ってくるから、と説明し、母に許可してもらった。
    買い物には、あさって月曜日に行くことになった。
    子供が遊園地に行く日を待ちこがれるように、私はいまかいまかとその日を待ちわびている。


    2020/3/21
    トリノ(ピエモンテ)Torino(Piemonte)

    アレッシア・トロンビン
    Alessia Trombin


    今日は買い出しに行った。私は、買い物が大好き。たいていリラックスするために、1人で行く。
    14日間ずっと閉じこもっていた私も、今日は外に出た。歩いていくことにした。歩きたかったし、私は免許を持っていないので。出かけるために、お気に入りの黒いロングスカートに緑のトレーナーを着て、薄化粧もする。変な感じ。半分わくわくし、半分不安。
    誰にも会わない。少し残念だった。家族とは違う顔ぶれと話をしたかった。スーパーに着き、そこから入るまで45分待った。店外には、並ぶときに前後の人との間を少なくとも1メートルは空けるよう、支払いに現金は使わないように注意する放送が繰り返し流れていた。
    リストにあったものは全部買えた。顔見知りのレジ係と少し話す。とても疲れた顔だったが、いつもの通り親切だった。
    「思うぞんぶんに春の第1日目を味わいながら、お家に帰ってね!」
    と、彼女は挨拶がてら言った。
    そう言われた通りにした。


    2020/3/21 ミラノ Milano(Lombardia)

    マルタ・ヴォアリーノ
    Marta Voarino



    うちの台所に来た、春の第1日。
    3月初めに球根をもらった。毎朝水をやり、とても大切に育てている。
    神秘的で、かわいらしい私の弟。何が出てくるのだろう!
    何事にもじゃまされずに春が訪れるのを見るのは、うれしい。


    2020/3/21 ヴェネツィア Venezia(Veneto)

    アンナ・ミオット
    Anna Miotto


    外出禁止で家に閉じこもってから4日後、仕事場へ書類を取りに行く。それがないと、申請書がまとめられないからだ。
    外に出て、呼吸のしかたがこの前までとは変わっている。新鮮な空気を思い切り吸い込んで肺をいっぱいにする。家から仕事場までは近くて、自分の息の吸い方まで気にしたことはなかった。次に外に出られるのは、いつになるだろう。
    歩きながら、数日前から声を聞いていなかった母に電話をする。父と二人きりで過ごしている毎日のことや、保存食材を作っていることなどを話す。父は工具の手入れをしたり、裏の野原へ犬を散歩に連れていったりしているという。
    私は、田舎の村を後にしたことを初めて悔やんだ。住んでいたら今頃は、畑仕事や野原でこころゆくまで深呼吸できただろうに。
    仕事場に着いたので母との電話を切り、目を上げた。
    運河に日が差し、澄み切った水の上に両側の家々が映り込んでいる。
    見たこともない美しい光景に目を奪われ、立ち尽くす。
    息が戻る。
    いつもの呼吸が戻る。
    これほど美しい光景に囲まれて暮らす幸運を、自分がないがしろにしてきたことに気づく。胸が澄み切った思いでいっぱいになる。


    2020/3/21
    インペリア  Imperia(Liguria)

    マルティーナ・ライネーリ
    Martina Raineri


    毎日、感染の状況は、イタリアだけではなくますます悪くなる一方だ。オーストラリアに住む弟によれば、彼の地も日増しに状況は深刻になっていっているらしい。
    もっと近くにいてやりたい。弟に会いたい。
    イタリアの強制外出禁止の期間は、さらに延びるらしい。この先どうなるのか、見通しが立たないと、生活全般と特に仕事の先行きを決められずとても辛い。
    昨夜もその前も、眠れなかった。変わらない毎日。家の中に閉じ込められての、同じことの繰り返し。起きて、朝ごはん、片付け、昼食の支度。
    よいことだけを考えるようにしよう。そうしないと、頭がおかしくなりそうだ。
    <幸せな気持ち>という名前を付けたガラスの瓶に、紙きれにポジティブな気持ちを書いて入れることにした。フランチェスコも書いて入れる。外出禁止が明けたら、二人で<幸せな気持ち>を読む。
    ガラス瓶は、丸1日空っぽのままだった。少しずつ、紙きれが溜まってきた。
    考え込まないと、ポジティブな気持ちが書けない。


    2020/3/21 デルフト(Delft,オランダ)

    クラウディア・ダモンティ
    Claudia Damonti


    <運転注意。19時から7時は、カエルが横断します>
    小さい頃から、一番好きな動物はカエルだった。種類を問わず、何千もの色や形、大きさに関係なく、カエルなら何でも惹かれた。
    日曜日になると、両親は私を野原に散歩に連れていってくれた。私たちはミラノの南部に住んでいる。すぐ近くに農地が広がっている。1日を野原で過ごしたあと、両親は私を抱き上げて帰り道を歩いた。農地への水路が、カエルでいっぱいになるからだった!
    小さな両手いっぱいにカエルをすくあげて、近くから、ものすごく近くから大好きなカエルを観られるなんて! とてもうれしかった。
    今朝、下宿仲間と散歩に出かけた。この標識を見つけて、雷に打たれたようだった。カエルは私がずっと一番好きな動物であることを仲間に説明したら、大受けして笑った。どこがおかしいの。
    写真を撮って、母に送った。
    <ママならわかる>
    そう思った。


    プロフィール
    内田洋子 Yoko Uchida

    1959年神戸市生まれ。
    東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。
    2011年『ジーノの家イタリア10景』(文春文庫)で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。
    著書に『ミラノの太陽、シチリアの月』(小学館文庫)、『イタリアの引き出し』(CCCメディアハウス)、 『カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想』(集英社文庫)、『皿の中に、イタリア』(講談社文庫)、 『どうしようもないのに、好き イタリア15の恋愛物語』(集英社文庫)、『イタリアのしっぽ』(集英社文庫)、 『イタリアからイタリアへ』(朝日文庫)、『ロベルトからの手紙』(文春文庫)、 『ボローニャの吐息』(小学館文庫)、『十二章のイタリア』(東京創元社)、『対岸のヴェネツィア』(集英社)、 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』『もうひとつのモンテレッジォの物語』(方丈社)、『サルデーニャの蜜蜂』(小学館から5月刊行予定)。
    翻訳書に 『パパの電話を待ちながら』(ジャンニ・ロダーリ著、講談社文庫)などがある。